« 大ナポレオン展 | トップページ | 原稿締め切り・・・・ »

2006年9月21日 (木曜日)

身近なエネルギーを考える

暮らしを支えるエネルギーについて考えてみてはどうでしょうか

赤レンガの『ガスミュージアム(がす資料館)』

http://www.tokyo-gas.co.jp/gas_museum/index.html

他に

『がすてなーに(ガスの科学館)』『ワンダーシップ(環境エネルギー館)』など

東京ガスの三つの体験学習施設を紹介します。

日本のガスの歴史や暮らしの中で、ガスがどのように使われてきたのかを

知る事ができる国内唯一のガス専門資料館が

小平市にある『ガスミュージアム』です。

明治時代の赤レンガ造りが当時のままで残されています。

「ガスはどこからきて、どこにあるの?」不思議なガスの秘密を

楽しみながら体験できる『がすてなーに』

『ワンダーシップ』はそれぞれの展示を、

実際に触れることができ、身近な環境問題を体験する事ができます。

訪ねてみてはどうでしょうか?

|

« 大ナポレオン展 | トップページ | 原稿締め切り・・・・ »

博物館・美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 身近なエネルギーを考える:

« 大ナポレオン展 | トップページ | 原稿締め切り・・・・ »