« 聖杯伝説 | トップページ | リチャード・マンシス すごい »

2006年10月14日 (土曜日)

フランス革命を題材にした作品etc

歴史を題材にした作品数あれど

フランス革命は有名かな

関係者として

ルイ16世andマリー・アントワネットであろう

小説・劇画 多々有り

作品として

ステファン・ツヴァイク 『悲劇の王妃』

アレクサンドル・デュマ『王妃の首飾り』・『赤い館の騎士』・『黒いチューリップ』

チャールズ・ディケンズ『二都物語』

オルツイ婦人      『紅はこべ』

『ベルサイユに薔薇』・『ラ・セーヌの星』・『シュヴァリエ』(劇画・アニメ)

などかな

カリオストロ伯爵 デオン パーシーそれぞれの主人公

歴史物には 映像で見ると なお更当時のコスチュームに見とれてしまう

ただ

『ベルサイユの薔薇』はナポレオンの頃の軍服なので

他の作品で

WOWOWで放映している

『シュヴァリエ』がスクランブル放送でなかったらよかったのに

デオンの騎士シュヴァリエは 

ずいぶん前に一冊の単行本で読んだ事があったので

作家の桐生操の小説の中にも取り上げられていたのも読んだ

男装・女装 歴史の影に埋もれたものが陽の目を

カリオストロ伯爵はフリーメーソン?

『二都物語』のシドニー・カートンは恋する人のため身代わりに断頭台へ

『紅はこべ』のパーシーはフランス貴族をイギリスへ亡命させる冒険物

番外編では

サド侯爵を扱った作品も 必見

忘れていた『鉄火面』も

バスティーユに投獄されていたので(二人)

関連本はまだあるかもしれないけど

私の知っているのは こんなところ 

|

« 聖杯伝説 | トップページ | リチャード・マンシス すごい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 聖杯伝説 | トップページ | リチャード・マンシス すごい »