« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日 (火曜日)

ファントマ 2

フランスが誇るセリ・ノワールの伝説

(暗黒叢書と呼ばれる犯罪小説)

1960年代に製作され、

ポップなSFアクションコメディー

「ファントマ 危機一髪」

「ファントマ 電光石火」

「ファントマ ミサイル作戦」

確か3作品

レンタル店にあれば もう一度観たい!

空飛ぶクルマ ラジコン爆弾など手作り感いっぱいの

スパイアクション

急に観たくなってしまったよ~ん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファントマ

オペラ座の怪人ではありません

フランス映画の「ファントマ」

古い方はご存知だと思いますが

ジャン・マレー主演の映画です

今日はハロウィンなので どうかなと

緑のマスクをかぶった怪人です

ジム・キャリーの「マスク」とは違います

この「ファントマ」もリメイクだったんですね

無声映画もあるのを最近知りました

BS映画でもやっていたのを見損ないましたが

ジャン・マレーの映画は今見てもオシャレだと思います。

007ばりにかっこいいのです

今年の9月ごろ「ファントマ映画祭2006」があったのに

見逃したのが残念です

ハロウィンの扮装に ファントマはオシャレよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はハロウィン?

ホームセンターへ出掛けていました

今日はハロウィンでしょ?

もう!

クリスマスの飾り付けが 

あまりの速さに おののいています!

せめて後一日くらい 待てないのでしょうか!

先へ先へと 急ぐほどの事

トホホホ・・・・・!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月30日 (月曜日)

心の王冠

菊池寛が書いた唯一の少女小説

『心の王冠』

図書館にもなく探しています

私が読んだのは漫画だったけど

とても印象に残っています

時代背景は戦前か戦後か記憶が定かではないけど

登場人物の名前

町子 典子 みねこ?

町子は小作人の娘 

典子は地主の娘 

みねこは華族で子爵か伯爵の娘

町子は典子にいじめられるけどみねこに助けられる

最期のほうは典子のピアノ伴奏に合わせて町子が歌う

かなり古いからなのか 最期にその本を見たのは

昭和45年ごろ 

なんとなくうる覚えだけど 復刻されたら読んでみたい

最近は『真珠婦人』『貞操問答』

テレビドラマになってもいるので 期待大!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知らない事ばかり

世界中と無料で会話する事ができるのがインターネットなの?

インターネット電話ソフトがあるの知らなかった!

海外はもちろん、

国内でも遠距離の電話をしていて気になるのが

かさむ電話料金

インターネットにつながったパソコンにインストールすれば

世界中と無料で会話できるソフトがあるんだ

知らなかった

ただ、今の私には話す人はいないけど!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日曜日)

鬼の出てくるお話

鬼の出てくる物語にどんな話すがあるのかな?

特に人食い鬼

『ジャックと豆の気』の大男

『眠れる森の美女』の王子様の母親

桐生操著『本当は怖いぺロー童話』の中でも、王子様の母親が人食い鬼であった事。留守中に何度もオーロラ姫と二人の子どもを、食べようとするが料理人の気転で命拾いを。最期は母親が殺されてしまうお話。

御伽草子『七夕』の彦星の父親

彦星と織姫のお話ではあるけれど、何故、二人は離れ離れになってしまったのか?一年に一度の逢瀬は、彦星の父親が人食い鬼であった事のが原因なのかもしれない。原文を読んでいないので、確認はしていないのではっきりしないが、衝撃。

『一寸法師』・『酒呑童子』

今昔物語『人食い鬼』話があったような

色々あれど 今の世界鬼ばかりではないだろうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

敦盛の最期ー平家物語

祇園精舎に鐘の声 諸行無常の響きあり

沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす

おごれる人も久しからず ただ春の夜の夢のごとし

たけき者もつひには滅びぬ ひとへに風の前の塵に同じ

熊谷直実の息子とおなじ年頃の、敦盛の命を取るのをためらう

しかし、助けられたとしても他のものに殺されるよりはと

直実の手によって、敦盛は17歳で最期を迎えるが

後に直実は出家をしてしまう

平家物語には 短編で読んでも面白いものが沢山あり

丑の刻参りの『宇治の橋姫』が私には 以外だった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金曜日)

日本古来の行事を考えては?宇治の橋姫 ~ハロウィン~

丑の刻参りの原型なっているのは平家物語』の中の「宇治の橋姫」というエピソードです。橋姫は、若く美しい女に化けた竜神に夫を奪われたため、竜神と夫を恨んで、心願成就の神として名高い京都の貴船神社にこもったのが始まりだという説があります。

何故こんな事をと思ったのは、もう時期ハロウィンがあるからです

ハロウィンのカボチャのランタンは何時ごろからなのか疑問に思いなんとなく

本来はケルトのお祭りで、西洋のお盆?

カブのランタンが正式です。

移民した人たちが代用で考え出したのが カボチャに

そこで疑問が カブってそんなに硬かったの?

今は色々と外国から行事が日本に入ってきていますが

日本古来の行事も考えてみては?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔の遊び いつもガキ大将

下駄隠し 

つうねんぼ 

まな板の上で 

ぎっちゃんこ ぎっちゃんこ

コンピューターゲームでは有りません

下駄隠しという 鬼ごっこです

掃除機をかけている時に ふと思いだして 鼻歌を

はないちもんめ お寺の花子さん かごめかごめ など等

とうりゃんせ・・・・

外で遊ぶ事が少なくなった 今日この頃

下駄を履いて 泥だらけになって 暗くなるまで 遊ぶ

そういう光景を見なくなりましたね!

路地で遊ぶ チョークや白墨で 道路に絵 壁に落書き

消せるもので書けていたから まだ良かったけど

ドラえもんの世界のように 

ドラム缶がおいてある空き地は 危険だと思いつつ

身体を動かす遊び 復活 望みます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木曜日)

♪音の世界に誘われてこころは雲の上♪

生協で購入した サラ・ブライマンのCDを聞いています

『オペラ座の怪人』が収録

映画の方と聞き比べ

サラのほうがオリジナルなのよね

また違った感じで♪

劇団四季のはレコードで とても古いかしら

アナログとデジタル

ステレオが良ければ アナログも オツナモノ

よく数寄屋橋シッピングセンターで

映画音楽 サントラ盤も含めて 輸入物も  

中古のレコードを買ったものです

LPが3~4千円のものが 5百円

   ♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪

アニメではなく 漫画のイメージ音楽(ミュージック)

そんなのものも

棚から引っ張り出して 今聞いています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水曜日)

出来上がった~(●^o^●)

広報誌が出来上がってきた

やった~ (●^o^●)

5月から取り掛かってやっと、ホットできるかな

2週間はお休みに!好きな事ができるぞ!

安心は禁物!

次号の内容を決めなくては

編集会議! 気が重いなぁ~

| | コメント (0)

晴れましたね

久々に雲が切れお日様が覗いています

昨日は寒かったですね

お鍋の季節到来!

山のように溜まった洗濯物一気に片付けましょう

寒いけど腕まくり

今日も一日 頑張りましょう!

ファイト オー!

| | コメント (1)

2006年10月24日 (火曜日)

今の気持ち

体調を崩したせいかとても暗い

今の気持ちは

こんな詩

汚れちまった悲しみに 今日も小雪が降りかかる

汚れちまった悲しみに 今日も風さへ吹きすぎる

  ・・・・・・・          ・・・・・・・

  中原中也の山羊の歌より~汚れちまった悲しみに~

テレビドラマで見て こんな詩があるのを知って驚いたっけな

俳優の三上博史の中原中也

思わず

中原中也はこんな人だったんだと 錯覚

たまには 詩歌でも詠んでみるのも いいかな

ただ 今の気持ちは とても暗い・・・・・

| | コメント (1)

2006年10月23日 (月曜日)

白蛇伝

白蛇伝がミュージカルに!

東映アニメで『白蛇伝』を子どものころ見に行きました

どんなミュウジカルに成るのかな

もっと古いのは

李香蘭(山口淑子)池部良主演で実写版の映画

『白婦人の妖恋』だったと

新しいところでは

今は押しも押されぬ

大女優になった マギー・チャン

ジョイ・ウォン主演『青蛇転生』

それぞれの持ち味がでれば良いけれど

| | コメント (0)

体調を崩した

ここ二日ほど寝込んでしまった

熱はないのに 節々が痛い 腰の力が入らない どうして

横になれば普段だったら直るのに

書き込みたい事が沢山あるのに

今日もノンビリ 横に

| | コメント (0)

2006年10月20日 (金曜日)

☆天体観測 夜更かし頑張る!☆

いよいよ季節到来 お月様も 細く新月に

夜中 夜明け間近の方がいいのか

1時間に幾つ観る事が出来るか

星に願いを 1・2・3・・・・・☆・☆・☆

天空を見上げ星の数を数えるのも オツナモノ

今月の最大のショー オリオン座流星群

エジプト・クフ王のピラミッド 配列にも似ている オリオン座

風邪を引かないように 気をつけて!

| | コメント (0)

2006年10月19日 (木曜日)

過去へ タイムトラベル

時間旅行 現在・過去・未来

もし行けたら何処へ

本の世界 それと 歴史の確認

アトリー『時の旅人』

クレアシリーズ『時の旅人』

H・G・ウェルズ『タイムマシン』 過去への旅

サーズデー・ネクスト・ワン『文学刑事』

マンシス『ある日どこかで』は はずせない

『文学刑事』は ジェィン・エアーが誘拐される

アトリーの『時の旅人』はアントニー・バビントンの災いがらみ バックミュージックに「グリースリーブ」を聞きながら エリザベスvsメアリー・スチアートの時代

クレアシリーズはストンヘンジから過去へ タータンチェックを身にまとい戦っていた時代へ

それぞれ興味をそそられる すべてイギリスが舞台だけど

時間旅行ができたら 参考書手に持ち 事実か否か 確認できますように

| | コメント (1)

2006年10月18日 (水曜日)

ゆうれい談

国分寺の幽霊という話を聞いたことがある

幽霊の話をしながら道すがら歩いていると

塀の上を歩く幽霊が居るらしい

ふと 塀に眼をやると そこに男の子が同じ速度で・・・歩いていた

こんな様な話

ある日

山岸涼子さんの漫画を手にした

その本の中に

ゆうれい談と

読んでいくうちに アッ この話だ と 驚いた

また別の話 漫画ではないが

よくある怪談話を

舞台は北海道のとある駅

駅には

二人だけ

猛烈な吹雪の中

隣の駅で 事故があり 汽車が遅れている

応援に一人出掛けていった

何時間経っただろう 応援に行った一人が 血相をかえて

こちらへ向かってくる その後ろに 髪の毛を振り乱した 女が・・・・

その後ろは真っ赤な血の跡が

何が起こっているのか 眼を凝らして 見ると

女の下半身が・・・・無い

こんな話を聞いたことが ただの怪談話と思っていたら

噂になるだけに 本当に有ったらしいと 鉄道関係者から・・・

| | コメント (1)

ジャン・コクトー

私の耳は 貝のから 海の響きをなつかしむ

貝殻を耳に当ててごらん

波の音が聞こえてくるよ と

よく言われました

なんとなく 懐かしい 思い出です

最近の海岸は 貝殻が転がっていないようで

ちょっと 寂しいかな

少し秋ぽく 

| | コメント (0)

2006年10月17日 (火曜日)

顔に喜びを 快い言葉を

「うたがいもなく、幸福をつくるものはただわれの心だ」 

『若きウェルテルの悩み』より

「顔に喜びをたたえ、快い眼差しを向け、心に喜びをもって、快い言葉を語ることこそ、正しい道である」

『ティルッテラル』より

朝から喧嘩をしても、つまらない。

にこやかに「おはよう!」

お互いへの思いやりがあれば、気持ちのいい朝になるかも

今日も一日頑張りましょう!

| | コメント (1)

2006年10月16日 (月曜日)

柿本人麻呂

天の海に雲の波立ち 月の船 星の林に漕ぎ隠る見ゆ(人麻呂・万葉集1072)
あめのうみに くものなみたち つきのふね ほしのはやしに こぎかくるみゆ

何気なく

  月の船で

    夜空の星を

     散歩したくなった

       あの世とこの世 前世と現世

         嫌な事すべて忘れて・・・・

| | コメント (1)

なんとなく懐かしい フレーズ

お~い 雲よ

ゆうゆうと

馬鹿にのんきそうじゃないか

どこまでゆくんだ

ずっと 磐城平(いわきたいら)のほうまでゆくんか

                    山村暮鳥著

なんとなく懐かしいフレーズだったなぁ~と 思いつつ・・・・

最近詩歌と とんとご無沙汰

少し ノンビリと 過ごしたい

| | コメント (0)

2006年10月15日 (日曜日)

ただ一言

今朝4時に起きる予定が

寝坊の二文字に

こんな朝早くから何を?

ただ、起きたかっただけなのです

ショック

朝からつまづくと 一日が・・・・・

| | コメント (0)

2006年10月14日 (土曜日)

リチャード・マンシス すごい

リチャード・マンシス著『ある日どこかで』

スーパーマンのクリストファー・リーブス主演

数あるラブ・ロマンスで単発の映画館から

じわじわと人気の出てきた作品

後に小説が翻訳された

他の作品に死後の世界を描いた『奇跡の輝き』

大型トラックと乗用車のカーチェース『激突』

小説がバラエティーに

どちらかというと 劇作家なのか

それぞれ違う作品が描けるのか 不思議!

『ある日どこかで』はタイムトラベルであり

クリストファー・リーブスの 私にとっては代表作と思っている

恋愛物は好きではなかったけど この作品はうなづけた

作品のモデル探しも楽しいかも知れない

| | コメント (0)

フランス革命を題材にした作品etc

歴史を題材にした作品数あれど

フランス革命は有名かな

関係者として

ルイ16世andマリー・アントワネットであろう

小説・劇画 多々有り

作品として

ステファン・ツヴァイク 『悲劇の王妃』

アレクサンドル・デュマ『王妃の首飾り』・『赤い館の騎士』・『黒いチューリップ』

チャールズ・ディケンズ『二都物語』

オルツイ婦人      『紅はこべ』

『ベルサイユに薔薇』・『ラ・セーヌの星』・『シュヴァリエ』(劇画・アニメ)

などかな

カリオストロ伯爵 デオン パーシーそれぞれの主人公

歴史物には 映像で見ると なお更当時のコスチュームに見とれてしまう

ただ

『ベルサイユの薔薇』はナポレオンの頃の軍服なので

他の作品で

WOWOWで放映している

『シュヴァリエ』がスクランブル放送でなかったらよかったのに

デオンの騎士シュヴァリエは 

ずいぶん前に一冊の単行本で読んだ事があったので

作家の桐生操の小説の中にも取り上げられていたのも読んだ

男装・女装 歴史の影に埋もれたものが陽の目を

カリオストロ伯爵はフリーメーソン?

『二都物語』のシドニー・カートンは恋する人のため身代わりに断頭台へ

『紅はこべ』のパーシーはフランス貴族をイギリスへ亡命させる冒険物

番外編では

サド侯爵を扱った作品も 必見

忘れていた『鉄火面』も

バスティーユに投獄されていたので(二人)

関連本はまだあるかもしれないけど

私の知っているのは こんなところ 

| | コメント (0)

聖杯伝説

テレビ東京で

ダビンチ・コードの解釈と正反対の解釈

キリストの暗号が取り上げられていた

久々に トリノの聖骸布

1955年に世界各国で本訳された「歴史としての聖書」を思い出した

昭和53年にドキメンタリー映画にも 

話題に載っていたので 映画を見た思い出がある

歴史ミステリー・ロマン・ 関連本 色々な見解が有ると

たとえば

『ダビンチ・コード』 『聖書の暗号』 『歴史としての聖書』

伝説物語として 楽しめば好いのでは

キリスト誕生が聖書の中に12月25日とは書かれてはいないし

たまたま ローマ時代の祭りにドッキングされた説も

ただ分かっているのは

処刑されたのが13日の金曜日であろうと

夕べは13日の金曜日であったから 放映だったのかと

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金曜日)

前世

昨日「アンビリーバボ」で前世の事を取り上げていた

ある本のことを思い出した

森下典子著『デジデリオ・ラビリンス 1464-フィレンツェの遺言』単行本で

私が持っているのは文庫本の方で『デジデリオ 前世の冒険』(集英社版)

その事を取り上げているのかと期待して見ていたら 違っていた

もう何年前になるだろうか 「世界ふしぎ発見」でも前世の事取り上げていた

そのときは『デジデリオ』だったので

辞書で調べると 建築家・石工とだけしか載っていないので

エッこれだけと 落胆したものである

自分は誰の生まれ変わりなのか?

自分探しの旅へ(作者が)

また

俳優チャールトン・ヘストン主演

映画『華麗なる激情』という作品で 彫刻家ミケランジェロを演じている

この中で デジデリオ作であろう彫刻が見ることができる

今はもう 一般には見ることはできなくなってしまったが

興味のある方は一読してみては

| | コメント (0)

2006年10月12日 (木曜日)

赤と黒

スタンダール『赤と黒』

主人公のジュリアン・ソレル

大好きな俳優は

ジェラール・フィリップ

36歳で亡くなってしまって悲しいわ

彼のニックネームが ファンファン・ラ・チューリップ

日本では

岡田真澄さんのニックネーム ファンファン

初めて

ジェラール・フィリップを見たのが『赤と黒』

土曜日か日曜日のお昼の映画

解説は

小森のおばちゃま

原作も読破?

『パルムの僧院』など

ドフトエフスキーの『白痴』のムイシキン侯爵も素敵だった

『モンパルナスの灯火』で画家のモディリアーニーも覚えた

最近の映画もいいけど

そうそう!

ジュリアン・ソレル

ユアン・マクレガーが演じていた

ベットシーンが派手

やはり

オーソドックスの方が好い

もう一度本を読み返そうかな・・・・

| | コメント (0)

2006年10月11日 (水曜日)

かば園長

東武動物公園のかば園長だった

西山登志男さんが亡くなられました

子どものころですが

少年ジャンプの創刊したころ

『僕の動物園日記』という作品がありました

戦時中の上野動物園が舞台で

動物たちを・・・・・

あまりにも残酷なので・・・・

小学校の教科書にも掲載されたと思います

『ぞう列車が来る』というお話も有名です(東山動物園)

『僕の動物園日記』は

この西山登志男さんの若かりしころの

飼育体験の事だったような

飼育員の方の動物たちを泣く泣く始末する事の

悲しさが目に浮かびました

ご冥福を

| | コメント (1)

2006年10月10日 (火曜日)

異世界の扉

異世界へ行くお話しが色々ありますが

対称的なのは

「ノンちゃん雲に乗る」「ブレイブ・ストーリー」

ノンちゃんの方は身体が弱いので 東京郊外に引っ越します

ある日

お母さんとおにいちゃんがお出かけを

一人取り残された事に腹を立てますが

それはノンちゃんの身体のことを傷かってのこと

一人むくれて神社の木に登り落ちてしまい 異世界へ

「ブレイブ・ストーリー」の方は

ワタル少年の父親が愛人のところへ行ってしまい

母親はワタルを道連れに自殺を図りますが

そのとき行方不明になって友達に 異世界へと

両者家族の対称的に

ワタルの家族は子どもの事をかえりみず

自己中心的だと

時代が変わるとこんなにも殺伐とするのだと

ふと気になったので・・・・・

異世界へ行きたくなるのが分かるような・・・・・

| | コメント (0)

2006年10月 9日 (月曜日)

悲劇の王妃

悲劇の王妃といえば

マリー・アントワネットですが

『ベルサイユのバラ』があまりにも有名になってしまいました

劇場で見たのではなく

とても印象に残っているのが テレビ

モノクロの映画

処刑されるシーンが鮮明に残っています

断頭台の下に牧師さんが居て 聖書を開いています

そこにしたたり落ちる血! ホラーではありません

モノクロという映像に想像してしまいます

マリー・アントワネットは ノーマン・シアラーという女優さん

フェルゼンは確か タイロン・パワーだったような

戦前の映画か記憶が定かではありませんが

戦後上映されたと思います

題名が「悲劇の王妃」か「マリー・アントワネットの生涯」かな

中々レンタル店で見かけることが無く

ビデオ・DVDに成っていないのでしょうね

昔の映画が続々と DVDになっているので 

期待しています

| | コメント (0)

梁山泊と祝英台

中国の京劇は有名ですが

越劇・昆劇(北京オペラーズ)の中に

梁山泊と祝英台というお話があります

中国版『ロミオとジュリエット』かな

ヒロインの祝英台は男装して学校へ

そこで梁山泊に出会い恋をするお話です

話せば長くなりますが

この時代は女性が勉強する事が許されませんでした

どうしても勉強がしたくて父親に頼み

いざ学校へ けして女性と分からないように男装します

梁山泊が彼女の事を女性とは分かりません

祝英が家に戻るときに 自分の絵姿を託して戻り

そのときに女性であるこうが分かるのです

彼女の家にたずねた時には すでに婚約が決まっていました

悲しみのあまり彼は病死してしまいます

そのことに嘆き嫁入り道中の途中お墓によります

お墓が真っ二つ割れ その中に祝英が

その後 蝶々がふたつならんで・・・・

東映の長編アニメに「白蛇伝」の作品にも 

最後に蝶々が飛んでいくのが 

どうしてなのか気になっていた時

出会った時の作品です

本当に長い話しになりました

| | コメント (0)

単語ことば

「お茶!」「おかわり!」

子供はひとつの単語だけで用を済まそうとした時、

大人は、その要求がわかっていても、

「お茶はどうしたの?」「おかわりがどうそたの?」と、

つい意地悪く聞き返してしまうことが多いようです。

するとと子供たちは「お茶ちょうだい」と、

きちんと言い直します。

でも、そんなふうにひとつの単語のみで用を済まそうとするのは、

大人のほうが圧倒的に多いのではないでしょうか。

そう言えば、「フロ!」「メシ!」「寝る!」の3大言葉は、

昔からオヤジ族の専売特許でした。

大人であれ子どもであれ、相手には単語言葉で用を済ませず、

きちんと言えるといいですね。

私自身も気を付けなければいけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日曜日)

オリオン座流星群

10月中旬からオリオン座流星群が見ることができる

ただ残念なのはまだ、お月様が満月である事

ピークを逃さないように願うばかり

21日あたりが新月になりそうなので

それにかけるしか

11月になれば

獅子座流星群の時期に

10月中なら少しは暖かいし

11月はさすがに寒い

忘れないように

カレンダーに記しを付けて

夜空を眺めよう

流れ星 星に願いを

忘れていた

12月は ふたご座流星群も

☆ ☆ ☆ 天体観測 ☆ ☆ ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

間違えた

電力線通信 PLO→PLC

なんか変だなと思ったら

Power Line Communicationsの略なのに

PLOだと パレスチナ解放機構だと

気づくのがおそかったわ

あしからず

| | コメント (0)

話には聞いていたけど

普通、私たちがインターネットを行なうには

電話などの通信線に接続するか、

無線LANと呼ばれる中継器を通していますが、それが電力線に。

いよいよ10月から解禁に電力線通信(PLO)の時代の幕開けです

まだ、ピンとこないけど用は外から電気のオンオフができるようになり、

消し忘れがなくなるという事なんだな~

SFの世界が現実に

欧米に先行を許しましたが、まだまだこれからの技術。

このPLOの普及によって、日本経済が活力を取り戻す事に期待します。

| | コメント (1)

2006年10月 7日 (土曜日)

もつなべ

冷蔵庫一掃デー

もつ鍋とでもいえるようなしれ物でないが

残り物をお鍋に入れて グツグツと

材料は

大根 いちょう切り 

長ネギ・タマネギ

メインのモツ約一キロ

鍋に掘り込み

めんつゆ

生姜

ゲッて思うようなレタスが入った鍋は如何

味には自信あれど 見た目がいまいち

サラダは

豆腐に水菜・トマトのサラダ ドレッシングは胡麻だれ 

意外とコレが美味しいのよね

さあ いただきます

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ぼやき

パソコン購入して早一年が経とうとしています

そしてネットをつないで半年

そして今『ブログ』を始めて3週間あまり

毎日書き込むのにネタ探し

気ままにと

頭の中では

こんな事あんな事と思い浮かぶのに

いざパソコンに向かうと言葉が出てこない

気晴らしに

原稿書きをしたり

名簿作成・連絡網等

こまごましたものを

テキストみながら悪戦苦闘しています

時には読書

友達と映画館へファーストデー・モーニングへでかけます

月に一度は映画

『イルマーレ』何時見るか 楽しみに

空も晴れて来たみたいなので洗濯でもするとしましょう

| | コメント (0)

2006年10月 6日 (金曜日)

読書の秋

朝から鬱陶しい雨が降り続いています

こんな時は

久々に本を手にしました

ルイザ・メイ・オルコットの『若草物語』が有名ですが

四人姉妹の主人公ジョーが小説を書いています

そんな場面の近い作品に『愛の果ての物語』があります

聞きなれないと思いますが

オルコットの意外な一面をのぞかせる作品です

読み始めてから早2時間 

最近読む速度がやたらと遅く

まだこんなところと

だらだらと読み始めたところです

それにしても鬱陶しい雨ですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木曜日)

中秋の名月

今年は中秋の名月が10月6日です

私の住んでいる地域に

お月見泥棒という風習があります

日本版『ハロウィン』でしょう

お月見のお飾りの近くにお菓子を 置いて

子供たちが「お月見泥棒にきました」と

家々に現れ お菓子を取っていきます

何か『ホット』するような 珍しい風習だとおもいます

残念なのは台風が来ているので 

お月見が出来ないのではと心配です

| | コメント (0)

貴婦人に乗って

もう何年も前に津和野に出掛けました

東京発出雲3号寝台車に乗り

鳥取・萩・津和野

       そして秋芳洞へ

萩の明倫館(現小学校) 乙女峠 SL

537_ 当時は中々切符が取れず

苦労しました

今も走っていると思いますが

山口号貴婦人 しゅぽぽ・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火曜日)

動物パン-2

動物パンにコメントいただきました

自分だけで作るのに

発酵が中々できなかった事がありました

ドライイーストが古かったのか

どうしても膨らまず悪戦苦闘も

始めから材料の量り直しも

どういうわけか

この動物パンだけが成功に

パン教室でにぎやかに作る事が

祝福の時と

半日係一人寂しく作るのは辛いです

出来上がるまで 約2時間

食べるのに 数分あっという間です

コメントありがとうございます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動物パン

手捏ねでパン作り 早9年になろうとしています

それでもまだまだ

先生の作ったパン2490_は美味しそう

そして 私が作ったパン2783_は?

最近は少し腕を上げたかな

一人で作れる自信作

ご覧下さい 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月曜日)

涙そうそう

映画『涙そうそう』を観てきました

内容は言えないのよね

まだ見てない人が居るから

妻夫木君みたいな子 いいわね!

最後の最後まで 本当にいい子

ハンカチは2~3枚は必要 それもタオルの物

終わってからの余韻でも涙が止まらないくらい

思い出し笑いならぬ思い出し泣き

帰りの車の中は 涙の洪水に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋渇き(あきかわき)

秋渇き病を知っていますか?

秋に食欲が増進すること

夏の暑さに食欲の減退していた人が

涼しくなるとともに食欲が増し

まるで飢えたようになることだそうです

美味しいものが出回る季節

秋渇きにまかせて食べ過ぎると・・・・・・

腹が破れるほど食べてしまう 恐ろしい病気と

伝えている地方もあるんですて

腹八分目 ほどほどにしましょう

あぁ~お腹すいた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日曜日)

ハムレット

ハムレットの父親は誰?

素朴な疑問が

ハムレット王がもし父親でなかったら

叔父が本当の父親だったら

オフィーリアが恋人ではなく実の妹だったのでは

お話の中に鏡が無いのは

復習は亡き前王のたくらみだったのでは

そういう考えが成り立たないのかと

亡くなって母親がすぐ結婚するという事

普通なら考えられない

ハムレットは真実を知ってしまって 悩んだのではないか

そしてあのせりふ「to be or・・・・」

ふと 思ってしまった 

こんな解釈あると思いますか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公衆電話のように

コイン式のインターネット対応パソコン

「@station(アットステーション)」

100円硬を入れると10分間、インターネット 驚き!

公衆電話のように外でも手軽に、インターネットに

アクセスできる システム作れないだろうかと 

開発されたんだって

どうやらJR東京駅に有るらしい

気が向いたらたずねてみようかな

皆さん知っていました?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都民の日

今日、10月1日は『都民の日』です。

色々な施設が無料に!

大昔?河童のバッチが あったような 今もあるのかな~

まして今日は日曜日、出掛けるのには天気もよさそうだし

上野動物園や江戸東京博物館などなど本当に 無料だよ

少し 遠出でも 

旧岩崎低もいいな 近場で向島百花園 萩が見所

もしかして東京土地建物園?も

ナンジャタウンも入場料が無料だったような

出掛けるべきか家でおとなしくしているべきか

それが問題だ~ 2時間はかかるし あきらめた

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »