« 公衆電話のように | トップページ | 秋渇き(あきかわき) »

2006年10月 1日 (日曜日)

ハムレット

ハムレットの父親は誰?

素朴な疑問が

ハムレット王がもし父親でなかったら

叔父が本当の父親だったら

オフィーリアが恋人ではなく実の妹だったのでは

お話の中に鏡が無いのは

復習は亡き前王のたくらみだったのでは

そういう考えが成り立たないのかと

亡くなって母親がすぐ結婚するという事

普通なら考えられない

ハムレットは真実を知ってしまって 悩んだのではないか

そしてあのせりふ「to be or・・・・」

ふと 思ってしまった 

こんな解釈あると思いますか

|

« 公衆電話のように | トップページ | 秋渇き(あきかわき) »

恋愛」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

演劇」カテゴリの記事

古典」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハムレット:

« 公衆電話のように | トップページ | 秋渇き(あきかわき) »