« 前世 | トップページ | フランス革命を題材にした作品etc »

2006年10月14日 (土曜日)

聖杯伝説

テレビ東京で

ダビンチ・コードの解釈と正反対の解釈

キリストの暗号が取り上げられていた

久々に トリノの聖骸布

1955年に世界各国で本訳された「歴史としての聖書」を思い出した

昭和53年にドキメンタリー映画にも 

話題に載っていたので 映画を見た思い出がある

歴史ミステリー・ロマン・ 関連本 色々な見解が有ると

たとえば

『ダビンチ・コード』 『聖書の暗号』 『歴史としての聖書』

伝説物語として 楽しめば好いのでは

キリスト誕生が聖書の中に12月25日とは書かれてはいないし

たまたま ローマ時代の祭りにドッキングされた説も

ただ分かっているのは

処刑されたのが13日の金曜日であろうと

夕べは13日の金曜日であったから 放映だったのかと

|

« 前世 | トップページ | フランス革命を題材にした作品etc »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

聖杯伝説には、アーサー王の物語にも湖の騎士ランスロットに、グイネビア妃預け聖杯を探しに、
イギリスではアーサー王が何か変事があれば助けに来ると信じられている。

投稿: アリアンロッド | 2006年10月19日 (木曜日) 午後 03時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖杯伝説:

« 前世 | トップページ | フランス革命を題材にした作品etc »