« 昔の遊び いつもガキ大将 | トップページ | 敦盛の最期ー平家物語 »

2006年10月27日 (金曜日)

日本古来の行事を考えては?宇治の橋姫 ~ハロウィン~

丑の刻参りの原型なっているのは平家物語』の中の「宇治の橋姫」というエピソードです。橋姫は、若く美しい女に化けた竜神に夫を奪われたため、竜神と夫を恨んで、心願成就の神として名高い京都の貴船神社にこもったのが始まりだという説があります。

何故こんな事をと思ったのは、もう時期ハロウィンがあるからです

ハロウィンのカボチャのランタンは何時ごろからなのか疑問に思いなんとなく

本来はケルトのお祭りで、西洋のお盆?

カブのランタンが正式です。

移民した人たちが代用で考え出したのが カボチャに

そこで疑問が カブってそんなに硬かったの?

今は色々と外国から行事が日本に入ってきていますが

日本古来の行事も考えてみては?

|

« 昔の遊び いつもガキ大将 | トップページ | 敦盛の最期ー平家物語 »

古典」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本古来の行事を考えては?宇治の橋姫 ~ハロウィン~:

« 昔の遊び いつもガキ大将 | トップページ | 敦盛の最期ー平家物語 »