« ブリガドーン | トップページ | 稲生物の怪録と本所七不思議 »

2006年11月 5日 (日曜日)

HOUSE ハウス(ホラー)

HOUSE ハウス

1970年代の映画 私にとっては幻

元々はラジオドラマで夜聞いていて とても怖かった

映画化にもなり 音楽も『ゴダイゴ』がサントラを

人は駄作といっているけれど 私はとても面白い作りをしていると思う

今のようにFS/Xがあるわけではなく

手作り感覚があって良かった

大林宣彦監督は後に尾道三部作

『転校生』『時をかける少女』『さびしんぼう』へと続く

監督の作品に『いつか見たドラキュラ』が最初だったかな 

アンノン族世代より

少し年齢が下の少女たちがそれぞれ可愛らしさがあって

最期は 家に食べられてしまうけど

何か古い映画の作りがほのぼのとかもし出して

言葉にはあらわせられない

そんな映画である ビデオかDVDがあればいいけど

|

« ブリガドーン | トップページ | 稲生物の怪録と本所七不思議 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ハウス懐かしいですね。
映画館で観ました。
私は、ああいった、いかにも作り物らしい映画が好きです。

投稿: 春乃 | 2006年11月 7日 (火曜日) 午前 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HOUSE ハウス(ホラー):

« ブリガドーン | トップページ | 稲生物の怪録と本所七不思議 »