« 人形劇 | トップページ | 家庭教育学級 相田みつを美術館館長講話 »

2006年11月24日 (金曜日)

京都にマンガミュージアム 日本初、国内外から20万点

国内外の貴重な漫画本など約20万点を集めた日本発の漫画の総合博物館「京都国際マンガミュージアム」が11月25日(土)、京都市中京区に開館されます。

京都市は日本最古の漫画とされる「鳥獣戯画」(高山寺所蔵)など多数の絵巻物を生んだ都です。ミュージアムは、これらの文化財と連動した観光振興への貢献や、世界に向けて「MANGA」を発信する研究拠点となるよう期待されています。

ミュージアムは、京都市と京都精華大(京都市左京区)が開設。昭和初期に建築の小学校を増改築し、地上3階、地下1階の延べ約5戦平方㍍となっています。

1-3階には、総延長140㍍の書架に「ドラえもん」や「タッチ」といった1980-90年代のコミック約4万冊を配した「マンガ本の壁」を常設展示するそうです。

「少年サンデー」「少年マガジン」などの創刊号、「ガロ」や「COM」など伝説の雑誌も見ることができるみたいなので、いってみたいと思います

http://www.kyoto-seika.ac.jp/kyotomm/

|

« 人形劇 | トップページ | 家庭教育学級 相田みつを美術館館長講話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

博物館・美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都にマンガミュージアム 日本初、国内外から20万点:

« 人形劇 | トップページ | 家庭教育学級 相田みつを美術館館長講話 »