« 帝国ホテル なか田 | トップページ | 東武博物館 »

2006年11月25日 (土曜日)

新東京タワーの概観発表 「伝統と先端」融合目指す

下町に!観光名所

東武鉄道は24日、東京都墨田区の本社隣接地に『新東京タワー』の概観を発表しました。高さは電波塔としたは世界一の約六百㍍で、2008年度に着工、11年度開業の予定となりました。しなやかな曲線を持たせ、日本の伝統美と先端的デザインの融合を目指します。

デザインは建築家の安藤忠雄氏と彫刻家の澄川喜一氏が監修されます。

高さ350,450㍍の二ヶ所に展望台を設け、周辺には商業施設などを整備。強風や地震の揺れを抑えるため、伝統建築の五重塔を参考にした構造システムを採用、防災面にも配慮します。

テレビの地上デジタル放送を安定して関東一円に届けるには、現在の東京タワーより高い塔が必要なため、放送業界が新タワー構想を推進しています。

近く、業平駅という駅があります。平安時代の歌人。在原業平の名前に似ていませんか?

ここも注目されると良いですけど!ひとりごと

言問橋もありますね

名にし負はば いざ言問はむ都鳥 わが思う人は ありやなしやと(伊勢物語より)

|

« 帝国ホテル なか田 | トップページ | 東武博物館 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新東京タワーの概観発表 「伝統と先端」融合目指す:

« 帝国ホテル なか田 | トップページ | 東武博物館 »