« 日比谷三信ビル 解体される! | トップページ | 北海道 国後島付近地震あり »

2006年11月22日 (水曜日)

松竹セントラル劇場

昔々、築地方面に松竹セントラル劇場という映画館がありました。今のようにシネコンといわれる劇場ではなく、千人近くの人が観劇できる巨大スクリーンです。

スクリーンは最前列の足元の先から天井まであり 彎曲(わんきょく)していてシネマスコープの形でした。

『風と友に去りぬ』『砂の器』もこの劇場で見たものです。映画のパンフレットも劇場の名前が印刷されていました。この映画はここで見たのよと懐かしい思い出です。

解体されて久しくなりますが、大きく広い劇場で立ち見で見る事はなくなりました。今は必ず回ごとに入れ替えがあり座ってみる事が出来るようになりました。

ただ思うことは画面が小さくなった分、びんじょう感も小さくなったと思います。

家庭のテレビが大きくなり、映画館の画面とさほど変わらないような気がして、なんとなく寂しい思いは私だけでしょうか!

早々二階から見ることのできる映画館も今は少なくなったでしょ。

|

« 日比谷三信ビル 解体される! | トップページ | 北海道 国後島付近地震あり »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事