« CD 届きました | トップページ | きょうは何の日 「世界糖尿病の日」 »

2006年11月14日 (火曜日)

「伝説の記者」の最新作

ブッシュ政権は真実を語ったのか!

ウォーターゲート報道で「伝説の記者」になった「ワシントン・ポスト」紙のボブ・ウッドワード記者の新著、 

『ステート・オブ・デナイアル(否定の状況)-ブッシュの戦争 第3部』

が中間選挙の終盤に出版された。

ブッシュ政権の反テロ戦争を扱った『ブッシュの戦争』、『攻撃計画』に次ぐ3作目。

国防長官の解任巡り攻防・ホワイトハウス側は反論

内幕を暴露、米社会で論争に

 イラク情勢が一向に好転しない理由

 9・11同時多発テロのついて

書かれていることが真実かどうか、チェックする手立ては今はないが、ウッドワード記者のクレディビリティー(信頼性)に頼る以外にないのかも

|

« CD 届きました | トップページ | きょうは何の日 「世界糖尿病の日」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「伝説の記者」の最新作:

« CD 届きました | トップページ | きょうは何の日 「世界糖尿病の日」 »