« いい返事していますか | トップページ | 「いじめ」を生む「負の構造」 »

2006年11月30日 (木曜日)

子供たちが、どんどん死んでいく!

2006年も子供をめぐる事件が後を経たない。

私たちを驚かせたのは、子供が自分の親を殺すという事件が相次いだ事だ。昨年の半ばで、すでに17件に達していた。

また、しばらく「いじめ」がマスコミの話題に上がらなかったが、この問題も依然深刻である事がわかった。

いじめが原因で、自殺する子供が相次いだ。虐待で、保護者に殺されるという事件も減っていない。新聞を開くと不安になるほど、子供をめぐる事件は深刻化し拡大している。

子供の自殺に付いていえば、自殺をする前に遺書めいた文章を書き残しておく事が広まったように見える。学校がいじめの容易に認めないことが、学校への不信感を強めてしまったのでは!

|

« いい返事していますか | トップページ | 「いじめ」を生む「負の構造」 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供たちが、どんどん死んでいく!:

« いい返事していますか | トップページ | 「いじめ」を生む「負の構造」 »