« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月29日 (金曜日)

カーテン

カーテンを洗うのに手間取っています。脚立を用意!背伸びして

あっ!腕が痛い。

こんな時に、四十肩、五十肩!

トホホホ・・・・。

夜になったらシャッターを降ろして

レースのカーテン外して

洗濯機へまだまだカーテンが全ての部屋の

何時終わるやら!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木曜日)

冬休みの宿題

本来書初めは1月2日行ないますが、正月はお客さんが年始に途切れなく来客があるので、思い立ったら吉日時。

本日中に終わらせることにしました。

手には墨が、べっとりと。

汚れ放題です。

やはり書初めは年内に、するものだと思います。

ちょっとおかしいけど、最期のゴミだし前に終わらせます。

それにしても・・・・・

習字は苦手だな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きょうは何て寒いのでしょう!

昨日の暖かさは何処へ行ってしまったのでしょう、今日はなんと寒いこと。

その反面風は吹いていないので安心ですが、昨日のような風が吹いていたら寒さはひとしおです。

これから風が吹くとしたら、防寒対策は、しっかりとしなけらばなりません。

帽子よ~し・手袋よ~し・ついでにマフラーは忘れずに!

おぉ 寒!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水曜日)

冬の嵐その後

夕べは雷もなっていたとはつゆ知らず

ドップリ夢の中でした

停電もあったようで

パソコンの電源はプラグをはずしていたので

家電製品も難を逃れました

相当疲れていたらしく

普段なら絶対起きているのに

雷に気づかないとは

また、今朝は電車も運転見合わせ

こちらの方も驚きました

それにしても風が強いこと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笑いの大学

昨日放送大学を見ていたら、見覚えのある場面が、三谷幸喜氏の「笑いの大学」を題材にしていました。

たぶん喜劇についての講義なのでしょう。映画の方はレンタルで見ていましたが、舞台の方は。

思わず引き込まれました。

舞台の配役は西村正彦・近藤芳正氏。

見ていていつも思うのですが、映画の方より舞台の方が面白いですね!

やはりそこにある臨場感、映像は記録として残りますが、華美になりがちに

舞台物が映像化になると期待することもあります。

このシーンはどうゆう風になるのか、舞台のノンストップアクションも捨てがたい

少しの時間でしたがいいものを見たと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火曜日)

冬の嵐

荒れ狂うほどに雨音が激しく窓をたたいています。

まだ、電車は止まっていないみたいなのでいいのですが

あまりにも激しいと近くの川が氾濫、鉄道の線路も水に浸かってしまう恐れがあり。

雪でも降るような事になれば、大変!

明日は晴れますように、祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気を引き締めて

クリスマスも終わり今年も残すところ、一週間をきりました。気を引き締め家の大掃除。

天気もどんよりと曇り空!雨模様!新しい年を迎えるために、昨日の事は忘れて、

イザ戦闘開始。

年賀状も出し早め々に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月曜日)

21日から・・・

12月21日から毎日ケーキ食べ続けています。

今も!

カロリーオーバー?体重計に乗るのが怖い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

臍帯血中に抗がん細胞

免疫抑制作用も併せ持つ

林野生物化学研究所(岡山市)は、新生児のへその緒の臍帯血から、抗がん作用を併せ持つ血液細胞を発見しました。大腸がんや臓器移植後の拒絶反応の抑制のほか、リウマチをはじめとする自己免疫疾患などの治療に生かせる可能性があるといいます。岡山大学などと共同研究を進め、10年後の実用化を目指しています。

この細胞は、臍帯血細胞の増殖を助けるマウスの乾湿細胞を殺しながら増殖する特性を持っています。ヒトのがん細胞を混ぜ合わせたところ、皮膚がんの一種のメラノーマ細胞で約33%、大腸がん細胞では約91%がそれぞれ死別しました。免疫細胞反応を調整する制御性T細胞と同等の免疫制御作用も確認できました。

朗報ですね

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月24日 (日曜日)

ロード・オブ・ザ・リング完全版

7時30分から11時50分まで

「ロード・オブ・ザ・リング・王の帰還」見終わりました。

長かった!

途中休憩が入り、トイレタイム!本当に長かった。

それでは、お休みなさい。

寝むーい (-_-)zzz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

警察から クリスマス・プレゼント!

警察から電話!自転車発見

これが本当のクリスマスプレゼント

あきらめていたのに

歳が代わりと本当に縁起がいいのね

| | コメント (0) | トラックバック (1)

面白いもの発見

いろいろな検定が有るけれど、雑学と言ってしまえばそれまでだけど、これって暦史の勉強よね!

江戸文化歴史検定

先ごろ第一回の検定試験があったんですって、ネットで検索したら例題が載っていました。挑戦してみたいわ。

学校では教えてくれない授業?それとも、趣味の世界、究極の・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆ クリスマスイブ ☆

今日は☆クリスマスイブ☆

一日早くプレゼントをもらってルンルン

ケーキは誕生日に食べてしまったから用意しないと

鶏肉はOK

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土曜日)

今月2台目の自転車

買ったばかりの自転車が盗難に!それもチャンと鍵をかけていたのに。

わずか30分の間ですよ!ショックです。

そこで我が家の大蔵大臣!お婆ちゃんに自転車を買ってもらいました。

今度は盗まれないように、鍵を二重ロック!

目立つように名前もしっかり記入しました。

盗まれた自転車は、星回りが良くなかったのか

八方塞(はっぽうふさがり)の年だったのかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスイブより先に・・・・・

たった今!北海道・函館より『水蛸』が到着しました。

我が家はもう!お正月。

お隣さんからは数の子をもらいました。

冷蔵庫には、かまぼこ・伊達巻・栗きんとん・・・・・

とても早くない!

明日のイブで冷蔵庫の中身は様変わりの予定。

それにしても・・・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大晦日の夜は? 昴(すばる)食

2006年の大晦日、テレビでは、にぎやかな年越しのショーが繰り広げられいるはずですが、ちょっと外へ出て、夜空を眺めれ見ませんか。

ちょうど頭の真上のあたり、満月前の月があるはずです。

そのつきの側に目を凝らしてください。かすかに光る星たちが見えるはずです。おうし座の散開星団“すばる”で、ちょうどこの夜、すばるの星々を、月が次々に隠していく天体ショーが起きます。

暗くなった18時ごろ、西から近づいた月がスバルの星を隠し始めます。20時ごろには通り過ぎて、逆方向から星々が次々に現れていきます。

月明かりがまぶしくて、肉眼では見えにくいと思いますが、双眼鏡があれば十分観察が出来るでしょう。

月が星を隠す事を星食(恒星食)、あるいは掩蔽(えんぺい)と呼びます。すばるが隠されるので、「すばる食」とも呼びます。

日本で見えるすばる食は、06年には、これで6回目で、今後10年まで何度か起こります。10年以後は、しばらく起こらなくなります。

過去には1988年から92年にかけて、すばる食が起きましたが、それ以来の観測シーズンになっているんです。

肉眼で見える星団が次々と隠される様子は、見ていると本当に月が動くという実感を持つ事ができますので、ぜひ眺めてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国ドラマ

来年の一月から『チャングムの誓い』完全版BS2で放送するんですって!毎週金曜日楽しみです。

『冬ソナ』には、はまらなかったけど『チャングム・・・』は別格。

宮廷料理の作るシーンがまた見れるのがいいよね。

華やかだし、古装劇、色とりどりのコスチューム、目の保養。

待ち遠しいな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金曜日)

祝 200件目 投稿 \(~o~)/

この文章が『ブログ』を始めてから200件目になります。

2006/9/13スタート年越しする前に達成しました。

これからも

なんやかんや、張り切って投稿していこうと思います。

コメント・トラックバック宜しくお願いします。\(~o~)/

   ☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆

| | コメント (1) | トラックバック (0)

バフチサライの泉

日本で見る機会が少ない作品の一つで、普通のバレエの発表会ではまずお目にかかれない。

原作は文豪プーシキンの叙事詩。初演は1934年、旧レニングラードのキーロフバレエ劇場である。きらびやかな衣装や大掛かりな舞台装置、壮大なロマン溢れる作品・・・・ではない。しかし、高い演劇性を目指していたロシア・バレエの傑作である事に間違いは無く、下手にテクニックだけに頼ってダンサーが踊ると絵空事の舞台になる。

舞台はポーランド。ある領主の館で舞踏会が開かれている。領主の娘マリアの誕生パーティーだ。そこへタタール人が襲撃。マリアの恋人は勇敢にも戦うがあえなく命を落とす。タタールの王ギレイはマリアを一目見て心を奪われ連れ帰る。宮殿はハーレムがあり。第一婦人のザマレの嫉妬によりマリアが殺され、罰としてザマレが処刑される。二人の死を悲しむギレイが、庭に噴水を・・・・とこんな話しであるが。

ロシア版、メロドラマ。

バフチサライの泉は実在するらしい

実話が物語りなんてロマン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬至

今日は何の日?

冬至です。

カボチャの入ったお汁粉を食べます。

初めて食べた時は驚いたけど、中々美味でございます。

ゆず湯にも入らないと、悪霊退散ならぬ風退散!

もっと驚いたのは、小豆ではなく、甘納豆のお赤飯。

これだけは、どうも好きになれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木曜日)

影絵塾 9

人形劇団色々あれど、こんな人たちが頑張っている。ほとんどの方がリタイヤ。いえ、やはり現役だと思う。皆さん溌剌としている。カルチャースクールからのスタートそこから輪が広がるって素敵な事。応援します。『影絵塾9』さん

http://www.geocities.jp/kageejuku9/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水曜日)

「言論の自由」を開いた印刷機 パート3

政治的窮地の中、印刷技術を革新 市民社会発展の下地をつくる

窮地に経ったスタンホープは、その激しいまでの主張を世に広める手段について思案した。たどり着いた結果は、印刷機の改良である。

こうして、スタンホープ印刷機は西暦1800年ころに創設された。それは丁度、フランスでナポレオンが登場し、革命の思想を全ヨーロッパへ、

スタンホープの自由主義は、言論の為の武器を獲得した。「貴重なる印刷術が、かつての暗黒を追放する」。出版の自由こそ神聖な権利であると。

新聞『タイムズ』は、いち早くスタンホープ機を採用して発行部数をのばした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「言論の自由」を開いた印刷機 パート2

議会内外での発言封じに対抗

チャールズがジュネーブで学んだのは、これらの科学知識だけではなかった。その町は、おりしも哲学者ジャン=ジャック・ルソーの影響下にあった。市民の自由を求める透徹した共和主義思想である。スタンホープ伯爵はそのとりこになった。貴族なのに、急進的な自由主義を唱え始める。

イギリスの政局では、18世紀の末になって、政治の改革が唱えられていた。おりしもその先頭に立ったウィリアム・ピット首相は、実はチャールズの義弟だった。ところが、その矢先、対岸のフランスで大革命が勃発。あまりの過激さに、ほとんどの改革派は反抗して、逆流がはじまった。

このとき議会の中で、スタンホープ伯爵だけが、フランス革命支持を表明。もちろん孤立し、「たったひとりの少数派」と揶揄された。

首相は義兄に抑圧をかけ、議会の内外での発言を封じるようになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「言論の自由」を開いた印刷機 パート1

200年前につくられた名機

スタンホーププレスという印刷機がある。知る人ぞ知る名機である。ほぼ200年前に考案・開発された。

時はイギリス産業革命の真っ只中、史上初の総鉄製印刷機だった。産業革命のシンボルともいうべき鉄は、機械の強度を見事に向上させた。さまざまの工夫も組み合わせ、従来の作業効率は倍増された。

日本では4台目が印刷博物館にある。

http://www.printing-museum.org/

黒光りする尖鋭気(せんえいき)という印象である。このスタンホープ機が誕生した経緯をさぐるうちに、重大な事実に気づいた。開発者のスタンホープの人なりである。

チャールズ・スタンホープ伯爵(1753-1816)は、イギリスでも名門の貴族の出身。若くしてスイスのジュネーブに留学。そこで数学や物理学、それに哲学も勉強した。帰国して、いくつかの機械・器具の開発の成功した。楽器の調律法、顕微鏡用のレンズ、建築用のモルタルの改良などなど、まだ、ここには印刷機は登場しない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火曜日)

美味しいお茶の入れ方 トライ!

お茶の美味しさは、最初に入れた1煎目にあります。そして苦味のある2煎目を味わい、続く3煎目は、つまらないと思ったら、あなたはもう、お茶にはまってしまう事でしょう。それではご一緒に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もっと気楽に 

~お茶の魅力と楽しみ~

お茶を美味しく入れるために、これから説明する手順にのっとって、じっくり茶葉と向き合ってみてください。まずは、急須も湯飲みも、いつも使っているものでやってみましょう。

美味しくいてるコツ

茶葉と湯と時間など5つのポイント

①茶葉は上級のものを用意します、1人分の茶葉の量は、ティースプーンで1杯半くらい(3㌘)

②湯は、量が大事です。1人分は60㏄で、ぐい飲み1杯ぶんくらい。通常のゆのみは小ぶりのものでも100cc入りますからそれより少なめに。

③熱湯をいきなり注いではいけません。65度から70度くらいに冷ました湯を使います。ジャーの設定温度が90度とすると、油を器に2、3回湯を移し替えて温度を下げます。そのための器が湯冷ましますが、無ければ手元にある適当な器を利用しましょう。

④分量の茶葉を急須に入れ、湯温の下がった分量の湯を注ぎます。後は2分くらい待ちます。待ち時間が3分になると苦くなります。薄めが好きな人は1分半ほどですが、浸出時間が短いと、うま味成分が少ししか出ません。たった30秒の違いでも美味しさが違います。だいたい2分おくと、うま味が十分出てきます。

⑤最期のポイントは、まさに“入れ方”です。急須を持って、一呼吸。湯飲みに絞るようにお茶を入れてください。絞るようにとは、最期の1滴までしっかり注ぎきることです。この最期の2、3滴に“おいしさのもと”があるのです。絶対に絞らないといられなくなります。それこそ、“もったいない”です。

~さあ、湯飲みに注がれたお茶を口に含んでみてください~

「エッ、これがお茶の味」と思われた方が多いと思います。自分で入れたお茶が、今まで飲んでいたお茶とまるっきり違っていたら上手に出来た証拠です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学校閉鎖?

そろそろインフルエンザの季節到来!

でも今年は、どこもノロウィルス!

北海道の学校では、学校閉鎖に

О157では無いけど

下痢止めの薬は勝手に飲んではいけないみたいです

身体の中に菌が残ってしまうので

必ず医者の指示を

特効薬はないから体力勝負

気をつけましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テンプレート変更しました

気分転換にテンプレート変更しました。

宜しくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

旧帝国図書館建築~100周年記念展示会

12月21日から東京・国立国会図書館では、2階常設コーナーで『旧帝国図書館建築100周年記念行事』として展示会が開催される。

現在の国立国会図書館国際子ども図書館は、東京の上野公園に地上3階、地下1階建ての帝国国会図書館として明治39年(1906年)に建てられました。明治の帝国図書館に始まり、大正、昭和、平成と100年を経った今、国内外の児童書や関連の資料を幅広く収集する専門図書館として広く世代にしたしまれています。

平成の工事で、ガラス部分の増築、内装の復元・保存、建物の免震化などを行い、新旧が共存する建物に再生。

今年建築100周年を迎え、ルネサンス様式の代表的な明治期洋風建築として東京都選定歴史建造物に指定されています。

展示会では、国立国会図書館が所蔵する資料と開設パネルを展示する事で、帝国国会図書館から国立国会図書館支部上野図書館へ、そして国立国会図書館国際子ども図書館に至る歴史が紹介されます。

入場無料(満18歳以上のみ入館可)

会期、12月21日(木)~2007年2月20日(火)まで

http://www.kodomo.go.jp/index.jsp 

↑詳しくは見てください<m(__)m>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月曜日)

『手塚治虫ファン大会』開催された

知らなかったの、『手塚治虫ファン大会』が開かれたことを残念!

青山の『草月ホール』で開催されたんですて。

それも、昨日。

子供のころから漫画は大好き!文化よ

そういえば

京都の方に出来た『京都国際マンガミュージアム』もオープン。

11/25にオープンして、12/10辺りにはもう1万人目突破!

すごい!

日本の漫画は、文化だと思うわ。

やっぱり行きたかった『手塚治虫ファン大会』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画のパンフレット買っちゃた!「犬神家の一族」

大学病院へ行く途中ぶらっと映画館の前を通りました。最近の映画館は『シネコン』という形式に代わってしまいましたね!それが効したのか、映画を見なくてもパンフレットが購入できます。

見損なってもパンフレットが有るか!無いか!によってずいぶん気持ちが楽に

思わず『犬神家の一族』のパンフレットを購入しました。

病院の診察前の椅子でパンフレットを眺めながら待ち時間を過ごす事が出来て良かったです。

後日映画は見に行く予定です。

もう一冊『エラゴン』も、購入!

『デスノート』は買いそびれてしまったので

金曜日にでもまた、寄ってみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイフォト作成

夜半過ぎに、マイフォトを作成してみた

どんな感じ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日曜日)

船橋アンデルセン公園

2060 これは、アンパンマンです。

船橋アンデルセン公園にあります。

この像には、隠し記号があります。

幾つ、見つけることができるでしょうか。

それは秘密です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の楽しみ

日曜日の楽しみは、BS放送の『週間ブックレビュー』を見ることです。

町の本屋さんはとても小さいので、気に入ったものを取り寄せるためです。

メモに書き留める楽しさと意外なヒット作品にめぐり合える楽しさ。

今、テレビを見ながら文章を打ち込んでいます。

ベストセラーだけが本ではないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土曜日)

年賀状作成

プリンターも直り、年賀状印刷本番!

約100枚。

何枚か候補選択。

来年はイノシシ、何種類かコメントを変えながら印刷をしました。

時間は掛かりましたが、まずまずの出来上がりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都会のオアシス

053 都会のど真ん中、上野動物園。

さすが、キリンの檻の後ろに、マンション?

あそこに住んでいる人たちは、いつでも、動物が見られるのね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月15日 (金曜日)

猛威振うノロウィルス パート3

発症から回復期の食事

小さいお子さんが、嘔吐や下痢を繰りかえしたら、まず、小児科を受診し、医師の指示に従いましょう。

感染力の強いウィルス性の食中毒は、汚染された食品を口にし意外にも、人から人へ感染する場合があります。また、同じものを食べても、それぞれの体調や抵抗力の差で、発病する場合と、しない場合があります。

一般に、嘔吐や下痢を繰り返し、食欲の無い時の対応としては、無理に食べさせる必要はありません。特に嘔吐が続く場合は控えた方がよいでしょう。

ただし、小さなお子さんは脱水症状を起こしやすいので、水分補給は必要です。嘔吐が酷いときには、白湯を飲んでも、その刺激で嘔吐する事がありますが、少しおさまってきたら、白湯や温かい麦茶、冷たくないイオン飲料など少しずつ与えるようにしましょう。

そして、症状が軽減してきたら、おかゆ、よく煮込んだうどんやパン粥など、消化のよいものを与えます。避けたい食品は、食物繊維の多いもの、硬いもの、脂っこいもの、刺激のあるもの、かんきつ類、冷たいものなどです。

回復に伴い、少しずつ白身魚など栄養のあるものをあたえてください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

猛威振うノロウィルス パート2

主な症状と対策

ノロウィルスは手や指、食品などを介して、経口で感染し、人の腸管で増殖します。

症状

潜伏期間(感染から発症まで)は24時間から48時間で、主な症状は、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛であり、発熱は軽度です。通常は、これらの症状が1、2日続いた後、治癒し、後遺症もありません。

また、感染しても発症しない場合や、軽い風邪のような症状になる場合もあります。健康な人は軽症で回復しますが、子供やお年寄りなどでは重症化したり、嘔吐物を誤って気道に詰まらせて死亡する事があります。

現在、このウィルスの効果のあるワクチンが無く、治療は対症療法に限られます。体力の弱い乳幼児、高齢者は、脱水症状を起こしたり、体力を消耗しないように、水分と栄養の補給を十分に行ないましょう。脱水症状が酷い場合には、病院などによる治療がひつようになります。

予防対策

◎患者のふん便や嘔吐物には、大量のウィルスが排出されるので、次の予防をしましょう。

①食事前やトイレの後などには、必ず手を洗いましょう。

②蹴りや嘔吐など症状のあるひとは、食品を直接取り扱う作業をしないようにしましょう。

③胃腸炎患者に接する人は、患者のふん便や嘔吐物を適切に処理し、艦船を広げないようにしましょう。

◎特に子供やお年寄りなどの抵抗力の弱い人は、次の点に気をつけましょう。

①加熱が必要な食品は、中心部までしっかり加熱して食べましょう。

②調理器具などは、使用後に洗浄、殺菌しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

猛威振うノロウィルス パート1

発生時期や感染経路

夏の食中毒が細菌を原因とするのに対して、冬の食中毒はウィルス性のものが多く、なかでもノロウィルスによって引き起こされるケースが目立ちます。

このウィルスは1968年に、米国オハイオ州ノーウォークの小学校で集団発生した急性胃腸炎の患者から検出されました。

72年には電子顕微鏡でその形態が明らかにされ、小さく、球形をしていたことから「小径球形ウィルス」と呼ばれました。その後、2002年に開かれた国際ウィルス学会で、名称が変更され、正式に「ノロウィルス」と命名されました。

発生ピーク

1年を通じてノロウィルス食中毒は発生していますが、特に11月くらいから発生件数が増加しはじめ、1月から2月が流行のぴーくとなります。

原因食品

ノロウィルスによる食中毒の原因食品としては、生カキなどの二枚貝や、それを使用した食品や料理があります。生で食べるカキは冬場に多いため、冬にノロウィルス食中毒の発生件数が増えると考えられています。

感染経路

感染経路は、ほとんどが飲食物を介して、口から病原体が体内に侵入する経口感染で、次のようなケースがあります。

①ノロウィルスに汚染された貝類を、生や十分に加熱調理をしないでたべた。

②食品取扱者が感染し、その人を介して汚染した食品を食べた。

③患者の体内から出されたノロウィルスがたいりょうに含まれる、ふん便や嘔吐物から、人の手を介して2次感染した。

④家庭や共同生活施設などで人から人へ飛沫感染など、直接感染した。

⑤ノロウィルスに汚染された井戸水や簡易水道を、消毒不十分で摂取した。

特に②のように食品取扱者を介して、ウィルスに汚染された食品が原因となるケースが増加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木曜日)

ジェイブ美術館(トリックアート)

篠崎にある『ジェイブ美術館』いつか行こうと思っていたのに閉館になっていました。ショックです。

テレビ東京の『テレビチャンピオン』でよくプラモデラー選手権で利用されていたので、一度はと!

思い立った時は既に遅し!

だまし絵(トリックアート)何処か無いでしょうかね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハワイ

_054_1 ハワイに行った時の写真です。

かれこれ30年前です。

空が綺麗ですね。

_017_1 サトウキビ列車にも乗りました。

辺りには何もありせん。

言葉もまったく通じなかったです。

日本人の観光客は当時は、いませんでした。

心細いたびでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水曜日)

めもあある美術館

小学生のころ教科書に載っていたお話です。『もう一度読みたい教科書』という本に載っていました。子供のころの記憶と読み返してみてこんな話しだったんだと、記憶がこんなに曖昧に驚いています。

作家の瀬名秀明著『八月の博物館』に『めもあある美術館』の題だけが載っていました。たぶん同年代なのでしょうね。

題名と本の表紙でこの本を手にして読み始めました。SF物はめったに読まないジャンルですが、読み始めると本の内容に対して色々と文献の事が気にかかり、読み終わってから本に出てくる人物の事が、気になります。

この本のなかに出てくる、エジプトの考古学者マリエット。以前オペラ「アイーダー」のところで触れましたが、調べる事はとてもおもしろいです。

また、色々な本の中の登場人物でこのモデルは誰なのだろうと、想像するのも、楽しいものです。

古いもの新しいもの読み返すことによって新たな発見が有るからでしょう

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月12日 (火曜日)

明日の予定

明日13日は今年最期の天体ショー双子座流星群が見られる日。

でも雲行きが、雨が降るし晴れてもお月様は予定では半月。

今年は無理かしら。

夜空を見上げていると嫌な事みんな忘れられるのにね!

ムーンボーン(月の虹)も、見れたら最高なのに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DVD2本届いた!

『パイレーツ・オブ・カリビアン・デッドマンズ・チェスト』と『ダ・ヴィンチ・コード』がさっき届きました。他のものもいっぺんに届いてしまったので、払い込みどうしましょう!

封は開けたけど

今週もBS2でアガサ・クリスティーの作品を見ているからお休み!

今日は、CSI:3も最終回。今から一本見れるかしら!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月曜日)

甘味どころ はなや おかめ

新橋駅の近くに甘味どころで「はなや」?日曜日はお休みで、お店は普通なんだけど、注文した食べ物を運んでもらうとき、何かぶつぶつと。

歌舞伎や浄瑠璃の科白(せりふ)らしきものを言っていたんですが、今は無いのでしょうか。

葛餅を頼むと「恋しくば たずね来てみよ 和泉なる 信太の森の 恨み葛の葉」と

有楽町には「おかめ」という店が在りました。おはぎが大きく一つの大きさが2個分、あんこが真ん中に、その回りにもち米そしてコーティングはあんこ・黄な粉のが美味しかったですね。

茶飯おでん・クリームあんみつ、昔ながらのトッミング

今そのお店はどこへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三信ビル解体について

30年近くなりますが、私の思い出は日比谷界隈は子供のころの遊び場でした。

東宝ツィンビル。ダンスホールのあるビルです。このビルの2階には紀伊国屋書店が広くて綺麗で、友達との待ち合わせには、最適でしたね。

今は日比谷シャンテになっている処が、以前は日比谷映画があり、ここで、リメイクされる『犬神家の一族』を見たものです。有楽座、ここはレックス・ハリソンの『ドリトル先生』を、向かい側の東京宝塚劇場立て替えられましたが、NHKの紅白歌合戦はこの劇場。

芸術座も立て替えるようで昔の面影が・・・・・

三信ビルもとうとうなくなってしまうのが寂しい限りです。今ビルの思い出は、私のなかにあるカレー屋さんは『ラージマハル」というお店です。

お店の中はとても暗いんですけど、昭和初期のハイカラなお店です。

田舎に引っ込んでしまうと都会には出る事は年に一回だけです。三信ビルの写真展のぞきに行きたいですね

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年12月10日 (日曜日)

プリンターが壊れたの?

プリンター印刷ができなくなってしまった。どうしましょう。コピーはできるのにどうして?配線の確認、線は外れていないし、どこがオカシイノ。

もう一度トライ!おっかなびっくりに、解除してしまった。動くかしら!

印刷できたわ!良かった!ホットして気が抜けてしまったわ!

直って良かった!年賀状作れなかったら一大事

皆に攻められたら大変! 好かった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土曜日)

忘年会 明日は早く起きれるか

忘年会から今帰ってきました何か飲み足りなく口が寂しいです。生ビール4杯、少なかったような。出掛けにカレーライス食べて行き、酔わないように万全の態勢で望んだのに、何か物足りなく、でも、後は寝るだけです。

明日も早く起きます。午前4時日課になっている散歩。暗い中の散歩は、夏と違って本当に暗いです。

夜が明ける前の気温は意外と温かく懐中電灯を手に持って歩く。

犬の散歩をしている人も意外と多く、顔見知りに会うのもかすかな光が頼りです。

明日は晴れるといいけど?

照る照る坊主 明日天気にな~あれ 首をちょん切るぞ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

寒い!

午前4時まだ外は暗い

今ほど寒くは無かった

午前6時まだ太陽は昇っていない

まだ温かい

午前8時朝が明けたのにどんより暗い

今の方が寒い

雨がとうとう降り出した

霧雨・・・・・

忘年会

傘を差して出掛ける

とぼとぼと・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金曜日)

平等についての意味

『アメリカ独立宣言』

われわれは、自明の真理として、すべての人は平等に造られ、造物主によって、一定の奪いがたい天賦の権利を付与され、そのなかに生命、自由及び幸福の追求が含まれていることを信じる。

「すべての人が平等に造られ」ていることが、「自明の真理」とされています。あれこれ理屈を立てて証明しなくとも、だれにとっても当たり前ののこと、という意味です。

『人間および市民の権利宣言』

人は、自由かつ権利において平等なものとして出生し、かつせいぞんする。社会的差別は、共同の利益の上にのみ設ける事ができる。

何もかもが「平等」だといっているのではなく、「権利において平等」と限定しています。それどころか、共同の利益のために必要なら、「社会的差別」が認められるとも書かれています。

『学問のすすめ』

天は人の上に人を造らず 人の下に人を造らずと言えり。

「されども今広くこの人間社会を見渡すに、かしこき人あり、おろかなる人あり、貧しきもあり、富めるもあり、貴人もあり、下人もあり、その有様雲と泥との相違あるに似たるは何ぞや」と。

「平等」は人間存在の根本原則であるはずなのに、現実にはそうなっていない。それは、個々人の学問のあるなしにかかわっているからなのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木曜日)

ユニバーサルサービス料とは

2007年1月から電気通信事業法に定められた電話のユニバーサルサービス制度(基礎的電気通信役務基金制度)の開始に伴い携帯電話や固定電話等の一番号当り7円を負担するらしい(税込み7.35円)

また、公衆電話などの110番・119番が今まで無料がったのに有料?

詳しくは

http://www.soumu.go.jp/s-news/2004/041126_5.html

総務省で検索を

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10万円以上の振込みについて!

平成19年1月より本人確認法令改正により10万円超の現金振込みは本人確認書類の提示が必要になります。

確認書類は運転免許証、パスポート、各種健康保険証等です。

代理人の場合はご本人と代理人両方の確認書類が必要になります。

年明け早々入試関連の振込みも該当するそうです。

各銀行の店頭にパンフレットがあるので慌てない為にも確認しましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

メンテナンス終了したみたい!

メンテナンス長かったみたいですね!やっと書き込みできま~す。

今日の出来事!

夜中の空、お月様しっかり照らしていたのに、(午前4時)

まだ明けきれていない空、雲が覆って真っ暗に(午前6時)

とうとう夜が明けて、しっかり天気は曇り 気持ちも曇り!

明日は雨が、しとしとと・・・・下降ぎみに

今日も残すところ何を書こうかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火曜日)

校長室たより

先週は小柴先生の事紹介していましたが、今週は、村上和雄筑波大学名誉教授のお話を取り上げてます。

1983年に高血圧の黒幕である酵素「レニン」の遺伝子解読に成功した、世界的に有名な医学者だそうです。

難しいことは分かりませんが、人間の遺伝子は構造について全部解読されたものの、それがどのような働きをしているかは殆ど分かっていないそうです。具体的にいうと働いている遺伝子はわずか2%だけで、後は何をしているかが分かっていないそうです。

遺伝子がコントロールしている

男子の声変わりや女子の体型変化などは、一定年齢に達した時に起動する遺伝子の働きによるもの。

髪の毛が伸びるのも遺伝子がそのような指示を題しているからだそうです。

癌にかかった人でも、「絶対に治るんだ」と思っている人と、「もう駄目だ」と思っている人ではがん細胞の増殖速度が違うそうです。

こんなことも

人間は生命をゼロから作り出す事ができない

井上和雄の著書「生命のバカ力」から

命は偶然に生まれたものではありません。そのような貴重なものを、「ただでもらいながら、そのことに感謝しているかということ、人はあまりに感謝していない。感謝どころか、不平不満ばかり口にしています。これは大変な間違いではないでしょうか。ました、これだけ精巧な人間という生命をいただいてこの世に生まれながら、自殺によって水か汗異名を絶ってしまうなど、とんでもない思いあがった行為ではないかと思います」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私たちが、今ここに生きていることに感謝をしなければ、いい人生を送りたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年12月 4日 (月曜日)

お月様がまん丸

今朝は雲が沢山あったのに、今この時間空が澄んでいます。

暗くなりかけの空、夕方と呼べる時間は過ぎたところ。

とても近くにお月様が・・・・

まん丸と青みがかった空にどっしりと・・・・

久々に雲のない空を見ました。

手に届きそうな お月様!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日曜日)

全国に広がる シネマな旅 パート3

海外でも活発化 HPで紹介、ツアー企画も

ヒット作の撮影現場を訪ねる「シネマな旅」を奨励したり、そうした映画やドラマのロケ地を積極的に誘致する動きは、日本国内に限らず、海外でも活発化している。

最近では、韓国のテレビドラマ「冬のソナタ」「チャンムグの誓い」などが日本でもヒット。韓国観光公社はHPで、これらの作品や映画ロケ地情報を公開している。

映画大国アメリカも、全米旅行産業協会がHPで「アメリカ映画ロケ地ガイド」を公開。

映画「ロード・オブ・ザ・リング」などが撮影されたニュージーランドは近年、映画産業の振興に力を入れている。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

全国に広がる シネマな旅 パート2

映画「UDON」セット公開中!“セカチュウの撮影現場”今も訪れるカップルの姿が

讃岐うどんで有名な香川県。今夏、ユースケ・サンタマリア主演で地元出身の元広克行監督による映画「UDONN」が全国公開されたが、ロケ撮影で使用された製麺所のセットは、現在も丸亀市で公開中だ(12月まで)。映画関連グッズなど扱う土産物店も出店しており観光客のらの関心を集めている。

一方、高松市の中心部からバスで約40分の庵治町(あじちょう)は、“セカチュー”こと映画「世界の中心で、愛はさけぶ」がロケ撮影された港町。高校生カップルの思い出の地となる丘の上のブランコや防波堤には、今も訪れるカップルが後を絶えず、撮影後に取り壊された写真館のセットもファンの要望で復元され、公開されている。

このほか、同県では、織田裕二主演の「県庁の星」、坂口憲二主演の映画「機関車先生」などもロケ撮影されており、マップを手に取り次々とロケ地巡りの観光客で賑わっています。

http://www.21kagawa.com/news/kfc/ ←ロケ地ガイド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人形作家さんへ

素敵なブログですね。

人形を作られていらっしゃるようなので拝見させてもらっています。

私は、子供が喜ぶ顔を見たくて人形劇を始めました。

年内は来週公民館で2歳児の親子教室です。振るメンバーでないのが少し心配です。時々お邪魔します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全国に広がる シネマな旅 パート1

藤沢周平作品“体感”できる観光地「山形県鶴岡市」

SMAPの木村拓哉主演、山田洋次監督「武士の一分」が一日に公開された。直木賞作家の藤沢周平の小説「盲目剣 谺返し」を映画化した作品だ。

藤沢作品の映画はこれまで、2002年に「たそがれ清兵衛」、04年に「隠し剣 鬼の爪」、05年に「蝉しぐれ」が公開された。藤沢作品に登場する「海坂藩」は、枯れの出身地・山形県鶴岡市の「庄内藩」がモデルになっている。

3作とも同市内でロケ撮影され、多くの市民がエキストラ出演している。

ここ数年のロケ撮影で同市は藤沢の故郷というだけでなく、ヒット映画のロケ地を巡り、そのシネマやドラマを“体感”できる観光地として注目を集めている。

例えば、致道(ちどう)博物館に移築された多層民家は、映画「蝉しぐれ」で市川染五郎演じる文四郎らが酒を酌み交わした場面を撮影した場所であり、旧風間家住宅「丙申堂(へいしんどう)」は、庄内藩の豪商の歴史的建造物であると同時に、その一部は「蝉しぐれ」のクライマックスで、文四郎と木村佳乃演じるふくが20年ぶりに再会する場面のロケ地にもなった。

映画ロケ地やオープンセットが「観光資源」として注目されている。

http://www7.ocn.ne.jp/~chido/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土曜日)

語源散策 懐石料理「会席」から「懐石」というご馳走 パート2

「懐石料理」は、禅宗の寺での用語で、そこでまかなわれる料理の事。温石(おんじゃく)で腹を温めるのと同じ程度に、腹を温める軽い食事のことを言いました。「温石」とは、軽石を焼いて布に包み、身体を温めるようにしたものです。今なら携帯カイロといったとこでしょう。

懐にした時のように、ぬくもりを持った料理という事で、禅の用語としばしば茶の湯の用語と交流があっったことの、これもその一つでしょう。

寒さの中で出会う温かさは何にも勝るご馳走。それと同時に、この「温かさ」は、「心のご馳走」であり、「会席」という事物的な用語を、「懐石」という温かさに変えたことが、日本語の豊かさなのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

語源散策 懐石料理「会席」から「懐石」というご馳走 パート1

寒い季節になってきました。こんな季節には温かいものがちょっと欲しくなります。帰宅してすぐに飲む温かいお茶。帰り道にちょっと立ち寄る酒亭の一杯の燗酒。寒さの中で出会う温かさ、これは何より嬉しいものです。

「懐石料理」は「会席」に「懐石」の字を宛てたものだという説があります。たしかに、「会席」という語は、すでに1300年代の『太平記』に連歌の寄り合いの場をあらわす語として出ていて、茶を飲んだり歌を詠んだりする為に集まる事を「会席する」というようになっています。そこでの料理を「本膳料理」というわけです。それに対して「懐石」は、一般的には茶道が確立してからの「茶懐石」を指すものの語として、「会席」のほうが古い事になるのでしょう。

「懐石料理」は「会席料理」と違い独自の意味をもっています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今こそ、礼節を取り戻そう!

「昔も今もこれからも、日本は礼節を知らない“ふつうの国”であってはならないのです。世界で最も礼儀正しい国、最も道徳倫理の高い国、最も子供たちの学力の高い“ふつうではない国”として、世界の尊敬を集めたいですね。」

 藤原正彦著『国家の品格』にこめていました。

この本がベストセラーになった背景には、品格を失った今の日本はおかしいのではないか、と思っている人がたくさんいるということです。

「日本の礼節は、イギリスのジェントルマン階級のマナーをさらに洗練させたもので、世界に誇るべき国際的なもの。礼節をわきまえた民俗であることが、これからの国際社会では、何より大きな武器になるでしょう。かつて国柄の大きな柱であった礼節を今こそ私たちは取り戻さなければ、日本の未来はありません」

今からでも遅くはありません。礼儀は心を映す“鏡”なのですから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金曜日)

パネトーネ クリスマスリース

月に一度のお稽古。パンサークルに行ってきました。メニューはクリスマスリース。分割をするのに手間取ってしまいましたが、何とかできてよかった。写真撮影もばっちりできました。でも、フィルムカメラなのでプリントはお預けです。出来上がるのが楽しみです。

何時の事に成るか・・・・・

材料は 

      強力粉 300g・ ドライイースト 6g

      砂糖 30g・スキムミルク 大さじ1

      塩 5g

      卵1個+仕込み水 約195g

      バター 30g

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も残すところ・・・・

いよいよ!今年も残すところ後ひと月、師走!先生も走る・親も走る・子供も走る。有終の美を飾ろうでは在りませんか。なんて言ってみましたが、急に寒くなりました。

我が家のストーブの調子がいまいちで、付けたと思ったら本体が熱くなって、安全装置が働くのか?すぐ止まってしまいます。昨日は良く動いていたのに!

電化製品持ちがいいのかコタツが御歳30年、ストーブ17年そろそろ、買い替えでしょうか・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »