« 井上円了の「妖怪学講義」・・・・ | トップページ | 万歳 祝 1万件 アクセス ありがとうございます \(~o~)/ »

2007年1月27日 (土曜日)

食材を買う前に考えたい フードマイレージ

フードマイレージとは「食料の重量」「輸送距離」を掛け合わせた数値のことです。

生産地から輸送距離が長いほど、それにかかる燃料や二酸化炭素(CO2)の排出量が多くなります。そのため同じ重量であれば、フードマイレージが高いほど、食料の消費が環境に対して大きな負荷を与えてする考え方です。

1994年にイギリスの消費者運動家ティム・ラングしによって提唱された概念で、なるべく近くで取れた食材を消費しようという運動として、ヨーロッパ中心に広がっています。

日本でいえば、地域で生産されたものを消費していこうとする「地産地消」の運動を、環境の視点からアプローチしたものと考えられるでしょう。

もちろん、鉄道やトラック、船、飛行機など、輸送機関によってCO2排出量は異なる為、フードマイレージだけで判断することはできません。

しかし消費者とし獲物をく乳する際に、商品の内容や価格とともに、輸送にかかるエネルギーも考慮に入れて選択するという視点が、大切なのだと思います。

地球環境にやさしく温暖化に少しでも進行を遅らせられればいいですね!

|

« 井上円了の「妖怪学講義」・・・・ | トップページ | 万歳 祝 1万件 アクセス ありがとうございます \(~o~)/ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食材を買う前に考えたい フードマイレージ:

« 井上円了の「妖怪学講義」・・・・ | トップページ | 万歳 祝 1万件 アクセス ありがとうございます \(~o~)/ »