« 『お化け博士』と呼ばれた・・・・ | トップページ | 食材を買う前に考えたい フードマイレージ »

2007年1月26日 (金曜日)

井上円了の「妖怪学講義」・・・・

こっくりさんや妖怪、もののんけの類などあらゆる超常現象に関する分析・研究残されています。

円了は、収集した怪異談を4つに分類しました。

「偽怪」手品やトリックのあるスプーン曲げなど、人が意図的に作りだいしたもの

「誤怪」幽霊だと思ったら実は自分の影だったような、偶然に見間違えたもの

「仮怪」蜃気楼や不知火など、自然現象で起こる不思議な事

「真怪」3つのどれにも当てはまらない、現在の科学で解明できないもの

怪異談を集めるために、実際に各地へ足を伸ばしました。電話番号に「4」という数字を多用するなど、不吉といわれるものばかりの生活に取り入れてみたり「お化け屋敷」といわれる家に住んでみたりして、自ら実験台にもしたそうです。

妖怪研究が人類の科学の発展に大変有意義になったようです。

こんな人が大学の創設者だったなんて・・・

とても不思議です。

|

« 『お化け博士』と呼ばれた・・・・ | トップページ | 食材を買う前に考えたい フードマイレージ »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

怪談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 井上円了の「妖怪学講義」・・・・:

« 『お化け博士』と呼ばれた・・・・ | トップページ | 食材を買う前に考えたい フードマイレージ »