« 原稿書きに追われる! | トップページ | 立春 ♪春が来た~春が来た♪ »

2007年2月 4日 (日曜日)

コリオレイナス

友人が、埼玉県の「彩の国芸術劇場」へ蜷川幸雄演出の『コリオレイナス』を見に行ってきた。

一番前の席で感動した模様である。

ウィリアム・シェークスピアーの悲劇

お芝居が終わって、カーテンコール。

割れんばかりの拍手喝采。

回りの出演者は、拍手に笑顔が溢れている。

しかし、主役の二人には笑顔がなかったと話していた。

劇場を後にして道すがら考えたそうである。

たった今まで舞台上で殺しあっていた事を、二人はまだ役に入ったままだったのではないか?

緊張の取れない二人の役者、そしてホッとする共演者の顔の表情が印象に残ったようである。

    悲劇・史劇・喜劇・そしてソネット

色々と見比べられたらまた善いのかも知れない

|

« 原稿書きに追われる! | トップページ | 立春 ♪春が来た~春が来た♪ »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

演劇」カテゴリの記事

古典」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原稿書きに追われる! | トップページ | 立春 ♪春が来た~春が来た♪ »