« 「食べること」は、「生きること」 その2 | トップページ | 修学旅行でのテーブルマナー 驚きと感激! »

2007年2月 9日 (金曜日)

水星、東方最大離角(18.22)

水星と金星の観測

水星と金星は太陽からあまりはなれることがありません。

そのため、明け方や夕方の空で観測する事になります。

水星、金星はともに、月のように満ち欠けをします。

その変化を追って観測するのも面白いでしょう。

金星は明るい時にはマイナス4等級になる為昼間でも観測する事が出来ますが、太陽に近い時には直接見ないように注意しましょう。

水星、金星ともに太陽から離れる最大離角のころが地平高度も高くなり観測しやすくなります。

そうなんです。昨日の2/8は水星の最大離角だったんですよね。

観測し損ねてしまいました。

今日は、海王星の観測が出来るといいのですけれど!

|

« 「食べること」は、「生きること」 その2 | トップページ | 修学旅行でのテーブルマナー 驚きと感激! »

星空ウオッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水星、東方最大離角(18.22):

« 「食べること」は、「生きること」 その2 | トップページ | 修学旅行でのテーブルマナー 驚きと感激! »