« 「食べること」は、「生きること」 その1 | トップページ | 水星、東方最大離角(18.22) »

2007年2月 8日 (木曜日)

「食べること」は、「生きること」 その2

よき食生活の回復のために

絶望的にも見える日本の「食」の現状だが、かいふくへのみちはかいむなのだろうか。「諦めるわけには行きません。ごく当たり前のことですが、要するに『ちゃんとご飯を食べましょう』ということに尽きます。『地産地消』という言葉がありますが、身近に採れる食材を選び、素直にその味を活かした料理を作ること。そして家族で食卓を囲み、美味しく食べて欲しいです」

今の時代、街にはファミレスやコンビニが乱立し、デパ地下が人気を集めている。大人も子どもも時間に追われて、手軽な外食に頼ったり、出来合いの料理で済ませてしまうことが多い。効した状況の中で、「家族で食卓を囲んで美味しく食べる」ために、ほんの少しの知恵を働かせてみてはどうか。

そういう私も他人事ではないが、手抜き料理をしてしまっている。家族一緒でなくてもいいのです。家族形態のスタイルが多様化している現在ですが、三食のうちで一食だけでも、一週間のうちの一日だけでも家族一緒に食卓を囲むのは、そんなに難しい事ではないでしょう。料理はお母さんの役目と決めずに、時にはお父さんや子どもにも作ってもらいたい。そこには必ず親子の会話が生まれ、台所は食文化を伝えていく教育の場に。

|

« 「食べること」は、「生きること」 その1 | トップページ | 水星、東方最大離角(18.22) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「食べること」は、「生きること」 その1 | トップページ | 水星、東方最大離角(18.22) »