« 仕事を始める | トップページ | 批判を、したくはないけど食に関しては物申す! »

2007年2月 6日 (火曜日)

はきものは、人と大地を結ぶ~広島県福山市にユニークな博物館み~つけた!~

『日本はきのもの博物館』

テーマー『田下駄から宇宙靴まで』時代や風土を体感できる展示

明治時代に創業した『松永下駄』

館に入ると、すぐに目に入るのがな足あと広場。

これをされたの岡本太郎氏。

とおしゃたそうです。

人気コーナーに、スポーツ選手の栄光の靴が人気だそうです。

日本の履物は単に身体を支えるだけでなく、仕事を助ける履物の種類が多いことが特徴です。

日本人の勤勉を表しています。

気候も南北に長いので様々な工夫がこらされています。

外国の履物はめずらしいもの、豪華な美しいものもあり、履物の世界の奥深さを感じることが出来るでしょう。

履物に込められた日本人の知恵を知るチャンスかもれません。

併設に『日本郷土玩具博物館』で心和ませること請け合いだと思います。

ただ、広島は遠いです。

|

« 仕事を始める | トップページ | 批判を、したくはないけど食に関しては物申す! »

ニュース」カテゴリの記事

博物館・美術館」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 仕事を始める | トップページ | 批判を、したくはないけど食に関しては物申す! »