« ストレスと上手に付き合う方法          パート1 | トップページ | ブリザードアクセル »

2007年3月20日 (火曜日)

ストレスと上手に付き合う方法         パート2

ストレスを感じたときの対処方

ストレスを感じると無意識のうちに呼吸は浅く速くなります。深い腹式呼吸は心身を落ち着ける方向に働きかけます。また、同じ姿勢を続けていると筋肉が緊張し、脳にそれが刺激として伝わり、ストレスとして自覚します。背中は影響を受けやすい部分なのでストレッチで筋肉をほぐし、ストレスを緩和します。マッサージで緊張をほぐすのも有効です。

睡眠

寝ることはストレスの解消には一番手っ取り早い方法です。ストレスを感じるということは実際に肉体的のも疲れているということ。からだを休めることはストレス解消の一歩です。

ストレスのレベルを知る

本当はストレスがあるのに感じない、また感じないふりをしている場合があります。ストレスを認識してコントロールすることを上手につきあうための一歩です。ストレスの気づいててあげることも大切なことなのです。

|

« ストレスと上手に付き合う方法          パート1 | トップページ | ブリザードアクセル »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ストレスと上手に付き合う方法          パート1 | トップページ | ブリザードアクセル »