« 恒星ミラに13光年の尾 | トップページ | 日テレ「ソーラーカーレース」を見る »

2007年8月26日 (日曜日)

皆既月食を眺めよう!

今週の火曜、8月28日夜に珍しい天体ショー・皆既月食があります。

日本全国で見える皆既月食は、2001年1月10日以来、実に6年ぶりです。

月食とは、太陽ー地球ー月が直線に並び、月が地球の影に入り込み、満月が欠けたかのように見える現象です。

月が地球の影をかすめる時は、月の一部分が欠ける部分月食となりますが、月全体が影にすっぽりと入り込むと、月全体が暗くなる皆既月食になります。

皆既月食では、つきが太陽の光が届かないので、本来であれば真っ暗になるはずです。しかし、実際には、わずかに赤い光が入り込み「赤銅色」の月となります。

これは地球の高層大気をと通って屈折し、影に入り込む太陽光があるからです。この光のうち、青色の成分が散乱され、赤色の光だけが残ります。夕日は赤くなるのと同じ原理です。

さらに、今回の皆既月食は観察する上でも条件は最良です。というのも、皆既月食が起こる時間帯が夕刻の18時台から20時台。子どもを含め多くの人にとって観察しやすい時間帯だからです。

6年ぶり、観測条件も最良

月食の始まりは、17時51分ですが、この時刻には、日本のほとんどの地域で、月が地平線の下のあります。例えば東京では月の出が18時11分なので、月食が始まった状態、すなわち欠けた状態で東の地平線から昇ってきます。

継続時間が長いので、昇りつつある月食中の月を十分楽しめます。

皆既食の開始は18時52分。月が影の中心に最も近づくは19時37分で、皆既の終了は20時23分です。

|

« 恒星ミラに13光年の尾 | トップページ | 日テレ「ソーラーカーレース」を見る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

星空ウオッチング」カテゴリの記事

コメント

@niftyトップページ「旬の話題ブログ」コーナーにて、
本ページの記事を紹介させて頂きました。
紹介記事については、「旬の話題ブログ」バックナンバーで
半年間、ご覧いただけます。
今後も旬な話題の記事を楽しみにしておりますので、
引き続き@niftyをご愛顧の程、よろしくお願い致します。
ありがとうございました。

        @nifty「旬の話題ブログ」スタッフ

投稿: 「旬の話題ブログ」スタッフ | 2007年8月27日 (月曜日) 午後 05時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皆既月食を眺めよう!:

» 28日6年半ぶりに皆既月食 [ニュース・ニュース・ニュース]
皆既月食が、28日およそ6年半ぶりに日本国内で観測できるのだそうです。皆既月食は、太陽の光が月に届くのを地球が間に入り、地球の影が月に映る壮大な宇宙の神秘です。皆既月食は、天体ファンならずとも とても興味深いものとなるでしょう。人気blogランキ...... [続きを読む]

受信: 2007年8月27日 (月曜日) 午後 11時47分

« 恒星ミラに13光年の尾 | トップページ | 日テレ「ソーラーカーレース」を見る »