« 雨の切れ間 | トップページ | 電車運休ローカルは辛い »

2007年9月 6日 (木曜日)

再び登場 「オペラ座の怪人」実は「ファントム」だった

『オペラ座の怪人』に拘るのは何なんでしょう!

はるか昔テレビで放映された『オペラ座の怪人』

バート・ランカスター出演していたテレビドラマ

何と

宝塚歌劇団で上演された『ファントム』だったんです

検索をしていてオペラ座の支配人キャリエルという名前

これだと思い嬉しくなりました

どうやら俳優の大沢たかおさん主演での公演もされるようです

期待をしているのは劇場用のCDが発売されているのかと

帝劇などで上演されるミュージカルはライブのCDが発売されています

たぶんこの作品だと思います

この頃でしょうか?

ガストンルルーの続編として

『マンハッタンの怪人』が別の作者から出版されています

えっ!うそ!そうなの?

と思いながら呼んで見ました

映画版の『オペラ座の怪人』は(アンドリュー版)は怪人は生きていて

クリスティーヌの墓前に薔薇の花が添えられていますが

『マンハッタン・・・』の方はこういう解釈が出来るのか?

と感心します

マンハッタンはその後の話しです

一読するのもいいでしょう

今だのこだわり続けている私です

|

« 雨の切れ間 | トップページ | 電車運休ローカルは辛い »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

演劇」カテゴリの記事

古典」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再び登場 「オペラ座の怪人」実は「ファントム」だった:

« 雨の切れ間 | トップページ | 電車運休ローカルは辛い »