« テンプレート変更 投稿600件目 | トップページ | 華氏451 映画リメイク? »

2007年10月26日 (金曜日)

ペルセウス座方向 ホームズ彗星

ペルセウス座の方向にあるホームズ彗星が

25日までのわずか2日間で約40倍も明るくなり肉眼で観測ができます

アウトバーストと呼ばれる現象で

彗星の核からチリやガスが一時的に吹き出し

太陽光を反射して明るく輝くらしい

ホームズ彗星は太陽の周りを約7年周期で回っています

今年5月に太陽に再接近した後

少しずつ遠ざかっていました

現在の太陽から距離約2・4天文単位(1天文単位は約1億5000万㌔)

地球から約1・6天文単位離れています

23日の明るさは約17等でした

その後急速に明るさを増し日本時間の25日には

明け方には約2・9等と約40倍の明るさに

放出された物質が広がっていないため尾のような構造にはなっていません

まるで恒星のように見えます

アウトバーストを起こして肉眼で観測可能なのは

1973年のタットル・ジャコビ水星以来です

ホームズ彗星も発見時の1892年に約6万倍の増光が観測されましたが

翌週には減光しました

あいにくの台風接近ですが

10月20日から11月29日まで観測ができるので

天空を覗いて見れるといいのではないのでしょうか

来月は獅子座流星群が

また見えることでしょう

『星に願いを』鼻歌交じりで・・・・・・・・☆☆

|

« テンプレート変更 投稿600件目 | トップページ | 華氏451 映画リメイク? »

星空ウオッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペルセウス座方向 ホームズ彗星:

» ホームズ彗星が本当のところ、、、 [FDSSDF]
2日で明るさ40万倍に ホームズ彗星、肉眼でも東京新聞国立天文台は25日、太陽から遠ざかりつつあるホームズ彗星が約2日で40万倍も明るくなり、肉眼で見えるようになったと発表した。 彗星の核から大量のちりやガスが噴き出す「アウトバースト」と呼ばれる現象を起こしたとみられるが、短期間でこれほど大幅に明るくなる ...(続きを読む) 2日で明るさ40万倍に・ホームズ彗星、肉眼で観察も日本経済新聞国立天文台は25日、太陽から遠ざかりつつあるホームズ彗星が約2日で40万倍も明るくなり、肉眼で見えるようになっ... [続きを読む]

受信: 2007年10月26日 (金曜日) 午後 08時42分

« テンプレート変更 投稿600件目 | トップページ | 華氏451 映画リメイク? »