« 幼稚園のバザーがありました | トップページ | 世紀の発見か? »

2007年11月23日 (金曜日)

愛と悲しみのボレロ

振付家モーリス・ベジャール氏が亡くなった

悲しいかな

映画「愛と悲しみのボレロ」のビデオを見終わって

パソコンを開いたところ

ニュース検索で

彼の死を知りました

ボレロの群集のダンスシーンがとても印象に

ダンサーでもあり振付家

惜しい人材がまた一人

20世紀か21世紀バレエ団だったでしょうか

主役で踊っていたあのジョルジュ・ドン

私はこの作品で男性のバレエが躍動的に思いましたね

この後かなミハイロ・バリシニコフの「ホワイトナイツ」

日本だとKカンパニーの熊川哲也?がメジャーに

もう一度見てみようかな!

|

« 幼稚園のバザーがありました | トップページ | 世紀の発見か? »

ニュース」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

バレエ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛と悲しみのボレロ:

» 【@なイベント】バレエの女王シルヴィ・ギエム日本縦断公演 [@なイベントみっけ]
今日はバレエの話題から。最初に、11月22日に亡くなられたモーリス・ベジャール氏に哀悼を捧げます。モーリス・ベジャール氏は、20世紀を代表する振付家として、「ボレロ」「春の祭典」など数々の名作を生み出しました。発表した作品は優に200を超え、「ニジンスキー...... [続きを読む]

受信: 2007年11月29日 (木曜日) 午前 12時13分

« 幼稚園のバザーがありました | トップページ | 世紀の発見か? »