« 愛と悲しみのボレロ | トップページ | 寝込みを襲われた!もしかして地震? »

2007年11月26日 (月曜日)

世紀の発見か?

世紀の発見か?

レオナルド・ダヴィンチ作『モナリザの微笑み』の

モナリザに眉毛が描かれていたことが明らかになったようです

また、背景も鮮やかなラピズラズリ(群青色)だったみたいで

想像するだけでワクワクしてきました

人の顔って眉毛があるのと無いのとでは

ずいぶん印象が違うと思います

今年も残すところ約1ヶ月に

上野の国立博物館にダヴィンチの

『受胎告知』を見に行ってから月日が経つのが早いです

振り返ってみて

幼き頃に同じ博物館で『モナリザの微笑』を見ました

チャンスがあれば海外旅行をしなくても

見る機会はありますものね!

ただし

博物館(美術館)へ行きそびれなければですけど

|

« 愛と悲しみのボレロ | トップページ | 寝込みを襲われた!もしかして地震? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世紀の発見か?:

« 愛と悲しみのボレロ | トップページ | 寝込みを襲われた!もしかして地震? »