« 悲惨な1日です! | トップページ | もう春はそこに来ています »

2008年2月22日 (金曜日)

小耳に挟んだ話 でるらしい!!

職場での話しです

とある農家で

父・母・姉二人と長男の五人が暮らしておりました

そのうち姉二人が嫁ぎ

長男が通っていた飲み屋の女性を連れて

結婚したいと家に連れ帰りました

ところが母親は気にいりません

嫁姑の折が合わず

長男は出て行くことになったそうです

何年かが過ぎ

舅・姑夫婦は二人暮らしが続きました

姑が病気で亡くなりました

長男夫婦は子どもをつれて戻ってきました

ところが

夕方になると

その家の階段を三段登ったところで

姑の姿が現れるように

階段の目の前は白い壁です

日中はいいのですが

夕方になると・・・・

姑は成仏していなかったんですね

そうこうして何年かが過ぎました

害をなすのではないのですが怖いので

嫁は子どもをつれて出て行ったそうです

残された舅と長男は二人暮らしに

職場の人が知人に連れたれて

その家を訪ねたそうです

やはり夕方にはその階段に姑の幽霊が・・・

今もその家は出るそうです

早く成仏するといいですね

|

« 悲惨な1日です! | トップページ | もう春はそこに来ています »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

怪談」カテゴリの記事

コメント

成仏できませんよね。
この御宅は、玄関を入りますとすぐ居間だそうです。
そして隣が土間になっていて、その隣が階段です。
職場の人たちとも第三者が口に出すことはできないのですが。
ちゃんとしたお祓いをしたほうがいいと言っています。
その後どうなったのやら・・・・・

投稿: チュウタロウ | 2008年2月22日 (金曜日) 午後 03時58分

お気の毒なことです・・・聞いた話ですが、成仏できてないのに、長いこと放っておくのは良くないらしいです。早めにお坊さんに相談した方がよいのではないでしょうか。

投稿: しめさば好き | 2008年2月22日 (金曜日) 午後 01時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小耳に挟んだ話 でるらしい!!:

« 悲惨な1日です! | トップページ | もう春はそこに来ています »