« 小さいながらも地震は嫌です! | トップページ | 「人形劇のまち」 »

2008年2月11日 (月曜日)

ミレニアム(千年紀)を迎えた「源氏物語」

ミレニアム(千年紀)を迎えた世界最古の文学

それは「源氏物語」です

映画・ドラマ・漫画・ミュージカルと

ありとあらゆるジャンルで今日まで愛されてきています

主人公の「光源氏」を演じてきたのは

長谷川一夫・春日八千代

沢田研二・片岡孝夫(現・片岡仁左衛門)

最近ですと天海祐希でしょうか

光源氏とその取り巻く女性達の恋のさやあて

王朝文学であり

時代背景を克明に知る事のできる

歴史の資料としても

54帖にも及ぶ長編小説です

また

宇治10帖の薫の君と浮舟・匂宮の物語

劇画では

大和和紀の「あさきゆめみし」「ラブパック」

光り輝く宮「光源氏」は何時の世でも愛され続ける事でしょう

|

« 小さいながらも地震は嫌です! | トップページ | 「人形劇のまち」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

古典」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミレニアム(千年紀)を迎えた「源氏物語」:

« 小さいながらも地震は嫌です! | トップページ | 「人形劇のまち」 »