« 朝から銀座線がストップ! | トップページ | テッセンの花 »

2008年5月12日 (月曜日)

映画「イルマーレ」を見て思うこと

午前4時からレンタルをしてきた

「イルマーレ」を見終わったところです

韓国版を今回見ました

先週はアメリカ版のリメイクも見ましたが

過去と未来の時空を超えた文通から始まる物語です

ふと

見終わってから感じたことですが

時空は超えていませんが

この話しは

もしかして中山美穂が出演していた「ラブレター」に似ていると

思うのは私だけでしょうか

韓国とアメリカ版は海もしくは湖が舞台です

ラブレターのほうは同姓同名で間違って手紙が届くという話しだったような

なんとなく似ているような気がします

ここ最近よくリメイクされている作品に出くわしたり

内容が似ているものにめぐり合うこともあります

恋愛物・ホラー

韓国の作品が日本でその逆も

日本からアメリカへ

見比べる楽しさもありますが

その逆に幻滅することも・・・・・・

|

« 朝から銀座線がストップ! | トップページ | テッセンの花 »

恋愛」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「イルマーレ」を見て思うこと:

« 朝から銀座線がストップ! | トップページ | テッセンの花 »