« あけびの皮! | トップページ | 邪魔な雨!晴れだったはずが? »

2008年10月25日 (土曜日)

秋の夜長に流れる星を楽しもう!

秋の夜長のですね。

shineを眺めるのには良い季節。

夜空の透明度も上がり、星の輝きも増しています。

晴れた夜には防寒に注意をしながら、ゆっくり星空を眺めてみましょう。

美しい星座の間を縫って流れる「流れ星」を見ることができます。

もともと星がよく見える夜空であれば、何もなくても流れ星は現れます。

一般的に秋になると流れ星の数は増え、流星群も見られるようになります。

その一つが10月末から11月半ばまで出現する、おうし座流星群

東から昇ってくるおうし座から、飛び出すように見える流星群です。

流星群は、流星の元になる砂粒が密集して流れている軌道を、地球が通過することで起きます。

小さな砂粒が地球に飛び込み、上空100キロほどの場所で大気との摩擦で発光するのが流星です。

砂粒の大きさは1ミリから1センチ。

本当に小さな砂粒ですが、かなりのスピードで地球に突入するため、明るく輝きます。

流星群になる砂粒(ほうき星)が、撒き散らすものですが、おうし座流星群の母親は、周期3年ほどのエンケ彗星です。

この彗星からの砂粒は地球とほぼ同じ方向に動いています。

地球に衝突する時も秒速30キロ程度で、ゆっくり。

そのため、おうし座流星群は、ゆったりと流れるのが特徴です。

これと対称的なのが、11月中旬のしし座流星群です。

かつて大量の流星を降らせましたが、最近はそれほど出現しません。

エンケ彗星の軌道に、地球に最も近づくのは11月中旬。

ちょうど連休のころです。

秋の夜空に、ゆったりと流れる「流れ星」を楽しんでみましょう

shineshineshineshineshineshineshineshineshine   shineshineshineshineshineshineshineshineshine

|

« あけびの皮! | トップページ | 邪魔な雨!晴れだったはずが? »

星空ウオッチング」カテゴリの記事

コメント

星をみているとワクワクしていたきもちがいつの間にか、満たされた冷静さに心地よくなってしまいます。天体って素晴らしいですね

投稿: ひのつき | 2008年10月25日 (土曜日) 午後 05時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189447/42900149

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜長に流れる星を楽しもう!:

« あけびの皮! | トップページ | 邪魔な雨!晴れだったはずが? »