« 2017年6月 | トップページ

2017年7月

2017年7月15日 (土曜日)

都営三田線の旅

平成29年7月15日(土)  新暦のお盆期間

都営三田線の沿線の御朱印巡りをしました

わが家を午前9時に出発

京成佐倉まで車で駅まで送ってもらいました

目の前で電車に乗り遅れ20分後の電車に

京成八幡から都営新宿線に乗り換え神保町へ向かいます

神保町から三田線に乗り換え

いざ御朱印巡り出発です

目指すは東京大仏へ

高島平駅まで行くか?それとも志村三丁目駅にするか?

私にとって未開の地です

バスの本数もわかりません

この暑さですので歩く勇気もなく

高島平から歩く選択はやめることにしました

志村三丁目からバスで東京大仏を目指すことに決め

電車に揺られながら

不安を隠せません

丁度都営地下鉄では夏のワンデーパスが¥500円です

フリーパスを有効利用をしました

バス停もわからず道行く人に尋ね又

どこで降りるのかも尋ねました

やっと東京大仏に到着したのはお昼でした

昼休み?まずいかなと思いながらも

社務所へ

書置きでしたが御朱印を頂くことができました

帰りにバス停で時刻表を確認すると

高島平からは本数が少なかったので

志村三丁目の選択はよかったです

一路来た道を戻り

次は白山へ向かいました

今年は12年に一度のお不動様の

総開帳の年でもあります

目赤不動の南谷寺へ

その前にお昼をと思い

久々に豪華なお昼と思いましたが

慣れない土地

寂しくてんやへ入りました

ワンコインの天丼を食べ

目赤不動へ

こちらも道行く人に道を尋ねながら移動しました

目赤不動で御朱印を頂いたのが午後2時30分

白山から目黒を目指しました

今度は目黒不動へ行くことに決め

東急線の乗り換えるかそのまま目黒から歩くか

悩みましたが東急線の不動前から歩いても約10分

目黒から歩いてもたった5分の差ですので

目黒から歩くことにしました

地上に上がるとそこは別天地

都会だなあと思い

ビルの谷間坂のきついこと

どんどん坂を下るので

行きはよいよい帰りは怖いと思いながら下へと下っていきました

坂を下る途中に大円寺が有りました

寄り道をしこちらで御朱印を頂きました

お寺の御朱印と大黒天の御朱印を頂きました

さらに道は下へと下ります

左手に目黒雅叙園が

さらに下へテレビで桜の名所?目黒川を渡り

目黒不動に到着です

お堂の中へ入り御朱印をとお願いをしますと

さらに下へ下ってとその先に社務所が有るのです

目黒駅からですとお寺の裏に当たり

表はやはり不動前なんですね

こちらでは不動明王と聖観世音と恵比寿さんの

御朱印を頂くことができました

帰り道は上り坂です

上へとめざし途中に岩屋弁天の蟠龍寺で

弁天様と阿弥陀如来の御朱印を頂きました

そろそろ4時を回るとところでした

一路帰宅へ

三田線沿線の御朱印巡りはここでおしまいです

端から端への旅でした

以上です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金曜日)

今日は 巴里祭 7月14日

7月14日は巴里祭です

そうフランス革命が起きた日です

はるか昔はこの時期になると

テレビで巴里祭関連の放送が有りました

日本の国内でもシャンソンが流れていたと思います

最近は無いですね

日本には関係無いことですものね!

今は韓流が支流ですものね

私もハマっていますが

現代劇はいまいちです

年のせいか時代劇の方が好きです

わかりやすいし歴史ものの方が

ネットで検索する楽しみと

その話がどのように日本と関係が有るのか

興味が有ります

それはさておき

巴里祭のこと

越路吹雪のレコードを引っ張り出して

シャンソンに浸ります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビ復活?

なれとは恐ろしいものです!

普段から当たり前にテレビに慣れていると

テレビが見れない恐怖

寂しいですね!

以前車に着けようとナビが有ったのを思い出し

そうだナビでテレビが見れるのでないか?

箱から取り出しました

テレビが見れるワクワク感・・・・幸せです!

唯画面が小さいこととbs放送が見れないのを除けば

贅沢は言えません

ホンの小さな幸せ

新しいテレビを購入するまで我慢します

し・あ・わ・せ (◎´∀`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水曜日)

アルチンボルド展へ

平成29年7月12日 (水)上野の国立西洋美術館へ出かけました

仕事帰り気温も33℃暑さに負けず

電車に飛び乗りいざ上野へ

電車の中はクーラーが利いていて涼しかったので

外に出るとあまりの暑さに倒れるのではと思いつつ

ひたすら上野公園の中を歩きました

やっと西洋美術館到着

アルチンボルド展を見学しました

中はクーラーが利いていて涼しく

平日なのでしょうか

美術館の中は空いていました

外の世界とは別天地です

小一時間ほどで見学が終わり

図録とクリアファイルと絵葉書をお土産に帰路に着きました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月曜日)

ショックです! テレビが壊れました

平成29年7月10日 (月)

ショックです! テレビが壊れました

電源が入りません

赤と緑のランプが点滅をしています

壊れるときは続きます

去年は洗濯機

今年は先月は風呂釜が壊れ変えたばかりです

仕事から帰ってきてテレビが壊れたと連れ合いに言われ

ショックが隠せません

普段はテレビをつけなくても

いざ壊れると見たい番組が有るのにと思います

今月いっぱいは我慢です

ト・ホ・ホ・・・・・・・・!(ρ_;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日曜日)

西瓜神社?

平成29年7月8日(土) 車のタイヤ交換へ冨里へ向かいました

最近自動車を運転していると坂道でスリップをするので

そろそろ限界かと 

お店を3軒回りながらメンテナンスと値段のからみもあり

最後のお店でタイヤ交おぼ換をしたのです

帰り道に西瓜神社?のぼりを発見

以前から気にはなっていたのですが

季節のものと思い素通りするか・寄ってみるか?

先々週冨里の西瓜マラソンが有りましたので

ここのところの御朱印ブームもあり

幟が無かったら諦めようとその道を通ると幟有り

矢印に促され神社へ向かいました

無人でしたが書置きが有りました

御朱印代を箱に入れ書置きを頂いてきました

右端に西瓜のマークが押されています

又夏詣の判も押されていました

神社の名前も冨里香取神社通り過ごさなくてよかったです

タイヤも治り御朱印も頂けて無事故で帰路に着きました

早々成田では7月7・8・9日と祇園祭で

行ってみたいと思いましたが

人ごみの中とこの暑さには勝てません

家でクーラーに当たりながらおとなしくしています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金曜日)

七夕の御朱印 平河天満宮から高木神社

平成29年7月6日 (木) 七夕の御朱印を頂きに

平河天満宮へ

午後3時過ぎ仕事も終わり急いで半蔵門へ向かいました

職場から約15分平河天満宮へ到着社務所へ直行

丁度初午の御朱印がいただける日にぶつかり

お稲荷さんと夏詣と七夕の御朱印をそれぞれ三つ

頂けることができました

いつもですが平河天満宮では

梅の形のおせんべいを頂きます

今回は醤油せんべいとゴマせんべいそして星形の飴?を

頂きました

御朱印を頂いて押上に向かいました

午後4時15分到着

息も絶え絶えです

高木神社をめがけ滑り込みセーフです

7月限定の御朱印と七夕の御朱印を頂けました

午後5時までは大丈夫との事麦茶もごちそうになりました

わずかな時間での御朱印巡り

無事終わり帰路に着きました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日曜日)

夏詣で

平成29年7月1日 (土) 夏詣・期間限定の御朱印を

上野から銀座線に乗り稲荷町駅で下車

下谷神社へ 毎月1日の限定御朱印を頂きに行きました

土曜日と重なり人だかり30分待ち

あいにくの雨でも何のそのと思いつつ

晴天だったら一時間以上待つらしく

体力勝負です

友達と二人御朱印を頂いて浅草へ移動しました

浅草神社で夏詣の御朱印を

境内に入ると人の山列に並び整理券を貰い

御朱印を社務所でお願いし待ち時間約一時間強待つとの事

その間に食事タイム

目指すは今半のランチとお店に向かうと満席

何処で食事をと浅草六区のなかのうどん屋さんで食事をとり

まだ時間が有ると思いつつ神社へ戻ると

御朱印が出来上がっていました

まだ正午過ぎ 植木市のお富士さんの神社へ

浅草富士浅間神社へ向かいました

昔は植木市は5月と6月の月末と一日に有りましたが

今は月の最終土日に代わってしまい

私は知らず植木市の御朱印を頂きたかったのですが

富士登山の山開きの御朱印を頂きました

ここでは約2時間待ち以上です

やっと御朱印を頂いたのは午後2時45分です

次はどけへ向かうか

移動時間を考え末広町へ

神田明神と湯島聖堂に行きました

ぎりぎり間に合いそれぞれで御朱印を頂くことができました

もう少し足を延ばそうと思いましたが

この次と帰路に着きました

今回は約1万4千歩でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ