御朱印

2019年4月 9日 (火曜日)

桜まいり 野田 桜木神社へ

平成31年3月12日(水)

野田の桜木神社へ行ってきました

3月9日から29日まで

桜まいりの日限定の御朱印を

今は楽になりました期間内にいただけるのですから

2年前までは9日・19日・29日のひ限定でしか

御朱印を頂けませんでした

御朱印を頂くまで5・6時間かかりましたから

それでも今回はやはり約1時間半ほど待ちましたが

無事に頂けて良かったです

御朱印の柄も変わり来て良かったと思います

 

| | コメント (0)

2019年3月29日 (金曜日)

料理教室と御朱印巡り

平成31年3月7日(木) 雨のち晴れ

日本製粉の料理教室の抽選に当たり

心ウキウキです

開始時間が午前11時30分からなので

少し早めに家を出て

押上に有る高木神社へ

雛祭り限定の御朱印を頂きに行きました

最終日何とか頂けて良かったです

押上を後にして市ヶ谷へ

本日のメインはあくまでも料理教室です

パスタ・サラダ・そしてデザートなど真剣に

学んできました

デザートは家にお土産としてお持ち帰り

家路へと急ぎました

| | コメント (0)

2019年3月28日 (木曜日)

亥の日御朱印巡り

平成31年2月7日(木)

赤羽八幡神社から書置きの御朱印を頂いてから

早々来月3月から毎週火曜日は

御朱印はお休みなるそうです

次へ向かったのは

本郷3丁目から湯島へ向かう途中の

通称からたち寺 麟祥院

メトロ散歩のチラシ広告で地図を見ながら

行くことにしました

春日局ゆかりのお寺だそうです

境内はひっそりとしていました

本来は本郷三丁目からの

春日通がお寺の敷地だったそうです

その通りにはからたちの木が植えられていて

とてもいい匂いがしていたのでしょう

湯島天神を目指し

男坂を下り心城院で十一面観音と大聖歓喜天の

御朱印を頂きました

いつもは書置きだそうですが

今回は直に書入れの御朱印を頂けました

少しでも明るいうちに帰路に着きました

 

 

 

| | コメント (0)

2019年3月26日 (火曜日)

猪の日 御朱印巡り

平成31年2月7日(木)


友達と二人


たまたまテレビ番組の「じゅん散歩」を見て


上野の徳大寺を紹介していました


亥の日限定の御朱印が有ることを知り


出かけることにしました


スタートは


住吉の猿江神社です


1月の時節分後に節分限定の御朱印を頂き


次へ向かったのはメインの徳大寺


いつも空いているのにテレビの影響はすごいですね


待ち時間30分ほどでした無事御朱印も頂き


早めでしたがお昼に吉池で食事タイムに


食事を済ませ向かうは赤羽八幡神社へ


午後1時ごろ到着


今回は白酒祭で午後2時過ぎでないと直に


御朱印がいただけません書置きの物を


ここまでは予定通りに


次は何処へ・・・・!


 


 

| | コメント (0)

2019年2月 1日 (金曜日)

実籾の大原神社 津田沼の菊田神社へ

平成31年1月14日 (火) 曇り

午後から車で御朱印スターです

実籾へ向かう道路は渋滞にならず

スムーズに目的地へ到着しましたが

世間では成人式の旗日であり

大原神社の境内はごった返していました

御朱印も見開きの書置き御朱印を2部と手書きの

月ごとの御朱印を頂きました

いつも見開きの御朱印を頂くとき

クリアファイルに入れて頂くのですが

今回自前のクリアファイルにとお断りを

毎回ケースを頂くのにはばかるので良かったです

次は津田沼へ

いつもですと向かう道路は混んでいるのですが

此方もスムーズに到着しました

こちらは珍しく七五三の参拝が有り

月は違いますが正月らしく目の保養をさせて頂きました

正月限定の御朱印と大黒様の御朱印

そして見開きの狛犬の御朱印を頂き

雨も降りだしそうなので早めの帰宅をしました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猿田神社から御朱印巡りに

平成31年1月9日 (水) 晴れ

住吉に有る猿江神社御朱印巡りスタートです

平日でもあり正月気分も日常に戻り

暖冬の中御朱印を頂きます

1月限定の御朱印を手書きで

通常の方は書置きでした

来月は2月は節分できれば4日以降にと言われました

楽しみです!

次へ向かったのは蔵前神社へ

去年落語で「元犬」の話を聞き

舞台は蔵前神社です

私は一度訪れましたが、友達は今回初めて

途中下車を

平成最後の御朱印を頂き

次へ向かいます

赤羽岩淵の赤羽八幡神社へ

今月から御朱印代が200円アップ

それでも丁度行った日から手書きになりました

元旦からは書置き対応だったので良かったです

いつも寄るお蕎麦屋さんがお休みで

初めてつけ麺のお店に入りました

食事休憩も取り

一気に東京タワーの近くの宝珠院へ

到着したのは午後2時ごろ

此方では正月限定の御朱印と見開きの御朱印

そして閻魔様の御朱印も頂けました

1月の15日16日と8月の15日と16日は

閻魔様の御朱印がいただけるところが有りますが

期間もありもらえて良かったです

日の暮れるのも早いので

明るいうちに帰宅しました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月18日 (金曜日)

西瓜神社 冨里香取神社へ 初詣

平成31年1月8日 (火) 晴れ

ネット検索で今月の御朱印を検索

新たに御朱印帳ができたようで

参拝に行きました

いつもの通り無人です

西瓜の柄の御朱印帳に惹かれながらも

すでに完売との事

少し残念でしたが

書置きの初詣と限定御朱印の書置きを頂いてきました

近くには酒々井のアウトレットもあり

混みあう前に帰宅しました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月16日 (水曜日)

野田の桜木神社へ

平成31年1月7日 (月) 晴れ 七草

そろそろ仕事始め国道16号線は渋滞していました

野田に到着したのはお昼間近

いつもは平日ですと桜木神社へ空いているのですが

来る日を間違えたのか

仕事始めでもあり企業の初詣で駐車場は満車でした

それでも参拝もひと段落したところだったので

スムーズに1月限定の御朱印を頂きました

帰りの道路はお昼過ぎ一斉に車が動き出したようで

さらに渋滞になっていました

帰り道は逆方向なので渋滞にもハマらず

無事に帰宅できました

来年はもう少し日にちをずらして来ようと思いました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月15日 (火曜日)

初詣 赤坂日枝神社(山王神社)から

平成31年1月3日(木)

今年初めての御朱印巡りです

少し早めに家を出ました

赤坂の日枝神社(山王神社)へ

正月三が日の

猿田彦神社・八坂神社・山王稲荷神社の

限定御朱印を頂きに

午前9時前に30分ほどの待ち時間でした

この日は浅草へ行く予定もあり

少し時間もあったので

赤坂不動尊へも立ち寄り

御朱印を頂くことができました

欲を出して赤坂氷川神社へ行こうと

思ったのですが

そこは我慢しました

銀座線に乗り少し途中下車末広町で

妻戀神社へ3年ぶりの参拝です

此方も貴重です

やはり三が日だけのようで

御朱印を新たに頂くことができました

この後は寄り道をせずに

浅草神社へ向かいました

御朱印を頂く列は約1時間半ほどの待ち

今回は午後6時までとのこと

どうせ待つのだから

先に浅草浅間神社へ向かうことにしました

夏詣での時は約2時間以上御朱印を頂くのに

待ちましたが

拍子根けすんなりと初詣の御朱印を頂けました

浅間神社も3が日だけです

浅草神社へ戻り列に並び

初詣の御朱印を頂けました

浅草神社は1月7日までの限定御朱印です

暗くなる前に家路に戻ることができました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月24日 (月曜日)

御朱印巡り 年内最後かも? 天皇誕生日

平成30年12月23日 (日) 曇りのち雨

天気予報は晴れだったのに雨がポツリと降り始めてきました

平成最後の天皇誕生日

辺りはクリスマスの準備なのか

車の往来が激しいようです

年内最後の御朱印巡りになりそうです

都内にするか県内にするか

悩んだ末県内に

いつもより出発時間を遅らせ

実籾の大原神社へ御朱印を頂きに行きました

行くたびに境内が綺麗になってきています

又、御朱印をお願いした時の引換番号の札の

デザインも変わっていたので

思わず巫女さんに訪ねました

気づいてくれたことに感激されました

今日は気合も入っているらしくたすき掛けで対応です

無事御朱印を頂いて次は

津田沼の菊田神社へ

此方の神社は土日対応なので

思わず御朱印を頂き時に正月三が日はいると思い

それ以降はやはり土日だけかと

訪ねたところ今回神主さんが

最近は平日も居ますとのご返事

それでも電話をしてくださいおっしゃっていました

雨も降り始めてきて

来た道を戻り

富里の香取神社へ

どうやらこちらの神社はいつも書置きです

ネット検索で香取神社のホームページを見ますと

新たに御朱印帳ができたようです

西瓜の柄の

多分正月三が日は神主さん居るかな?

その時に御朱印帳を新しく購入したいと思います

とても小さい神社ですが

車を止めるところも整備されてきてるようで

行くたびに綺麗に?

何処の神社も気合が入ってきてるのでしょうね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧