ファッション・アクセサリ

2007年6月10日 (日曜日)

時の記念日 6月10日

チックタック・チックタック・・・・・・・

時計を眺めながら今日は「時の記念日」なんですね

携帯電話で時間がわかるので

腕時計をしている人を見かけなくなりました

それでも

私は腕時計をするのが好きです

いちいちバックやポケットから出さなくて済むからです

懐中時計も上着のポケットに忍び込ませて

ちらりと手に取るのもお洒落ですよね

金の鎖につながれて

指輪が時計なのもありますね

壁掛けの時計は良く見かけますが

大きな柱時計の重厚感も素敵

♪大きな古時計♪口ずさみながら・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土曜日)

校長室だより~『シャネル丈』

子どもの学校の校長先生が毎回ユニークなたよりを出しています

目に留まったので紹介します

制服についての話

校長先生曰く

ある本を読んでいたらこのような記述が目にとまりました

「一般に欧米人は、外観上の様子や立ち振る舞いを、自分たちの身分や人間の中身をあらわすためのものとして、日本人が想像する以上に重視しています。とりわけ服装については、その人に属している社会的階級のシンボルであると意識が強いことを、日本人は忘れてはならないでしょう。」著者は徳川宗英氏。御三卿のひとつ田安徳川家の第11代当主で、ビジネスマンとして海外経験も裕福な方です。徳川氏はかつて日本海軍の学校で学びました。そこでは規律の正しいい生活、仕事への集中力、リーダーシップ賭しての責任感などとともに外見を整えるということを「たたきこまれた」

そうです。

戦争にファッションは関係なさそうですが、

見た目を整える事は自分の心を引き締めること

なのだと徳川さんは書かれています。

女子の制服もおなじです。スカートの「シャネル丈」という長さをご存知ですか?これは、フランスの超有名ブランドであるシャネルを創業したデザイナー、ココ・シャネルが提唱したスカートの長さです。その長さは、膝のラインぎりぎり。膝頭が見えるか見えないかの線です

「脚を組む時はセクシー、ヒザを揃えて流せばエレガント、颯爽と歩けば知性が漂う、そういう丈だった。いや、これこそが女性の体に魔法をかけた最初の丈。脚さばきまでが美しい丈の最終形・・・・・だから不変」

なのだそうです。(さらに言うと、シャネル丈は足が細く見えるそうです。実際にそうなのかどうかは、鏡の前で試してください)

服装で大切なTPOを意識することです。制服はシックに着こなし普段着はくつろいで着る。

これが校長先生の「校長室だより」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年12月23日 (土曜日)

韓国ドラマ

来年の一月から『チャングムの誓い』完全版BS2で放送するんですって!毎週金曜日楽しみです。

『冬ソナ』には、はまらなかったけど『チャングム・・・』は別格。

宮廷料理の作るシーンがまた見れるのがいいよね。

華やかだし、古装劇、色とりどりのコスチューム、目の保養。

待ち遠しいな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)