心と体

2009年12月12日 (土曜日)

我が家の一大事です!

我が家の一大事です!

新型インフルエンザ発症中!

それも

生まれて初めてのインフルエンザが新型なのです

潜伏期間5日~一週間らしい

発症しなくても保菌者として隔離

動く病原菌です(新型に感染しても症状が出ない人あり)

どうか私には症状が出ませんように!

形ばかりですが祈るほかはありません

仕事休めないし

職場でも結構患者さんが出ているので

体調管理気をつけましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火曜日)

伝染病!かかったどうしましょう

密やかに

いえ

じわじわと

今年は百日咳が流行するようです

去年は麻疹が流行しましたね

今年度から

高校3年生にも麻疹の予防接種が行なわれるようです

それにしても

小さな子供達の感染が少なくなったとはいえ

大人の感染が増えると危険ですね

三種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風)

新三種混合(麻疹・おたふく・風疹)

やはり予防接種はしておいた方が良いのでしょうね!

我が家では

感染したものは

水疱瘡とおたふく

そして林檎病です

結構大人がかかると大変だったんですよ

はるか昔のことですが・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月20日 (土曜日)

学習障害ディスレクシア

文字が理解できない障害の一つとしてよく耳にしますが

どんな風に見えるのでしょうか?

アメリカの俳優 トム・クルーズ

私は彼を天才だと思います

彼はこの障害だとカミングアウトした時

映画の台本をマネージャーに読んでもらって

暗記できる素晴らしい才能です

字が書けないとか計算ができないから

この子勉強ができないと馬鹿にする世間の偏見

勉強ができればこれに越した事はないでしょうが

いい学校を出たからといっていい仕事に就くとは限りません

どのようにして長い人生を生きていくかだと思います

この子はどんな才能があるのか見抜いてあげる事が大切なのでしょう

ただ怒るだけでは

役者の世界では

彼以外にも

この障害を持っている人がいるんですね

驚いたのは

オリーことオーランド・ブルームやキーラ・ナイトレーも

ぜひ

障害を持っている人に勇気を与えて欲しいです

また親御さんたちにも勇気を!

まだまだ世間の目は厳しいので・・・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水曜日)

今日は「1010の日」-セントウー

今日は10月10日は「1010(セントウ)の日」です

大きな湯船でゆったりと心身を休め“裸の付き合い”で心が通い合う交流の場としての銭湯

健康増進につながる入浴

10月10日は、長い間、国民の祝日の一つである「体育の日」として親しまれてきました。これは1964年のこの日、東京オリンピックの開会式が行なわれたことにちなんで、「スポーツに親しみ、健康な心身をつちかう」ことの趣旨として設けられた祝日です(2000年からは「ハッーピーマンデー制度」の適用により「体育の日」は10月の第2月曜日となっています)。

スポーツで汗をかいたあとに入浴すると、健康増進につながることから、東京都公衆浴場業生活同業組合(東京都浴場組合)が1991年に10月10日を「銭湯の日」に制定しました。「1010」を銭湯と読む語呂合わせも、その日付の由来の一つです。その後、日本記念日協会に申請し、96年に同協会から正式に認定され、全国に広がっていきました。

楽しい数々のイベントが

本年は、1975年12月に東京都浴場組合が設定されて、ちょうど50年の佳節。そこで同組合では「銭湯の日」を記念するタオルを13万本作成し、10日を中心に配布します。

さらに4刷目となる“東京銭湯マップ2007”が完成、1部300円で発売されています。

仏教とともに日本に伝来

銭湯の歴史は古く、6世紀に日本に伝来した仏教の「沐浴」が淵源となっている、といわれています。仏教では沐浴の功徳をとき、汚れを洗うことは、仏に仕える者の大切な仕事と考えられていました。

奈良時代の寺院では伽藍の一つに浴堂を数え、施浴(一般の人の湯を施すること)が盛んに行なわれていました。奈良の社寺には今でも大湯屋や浴堂が残っており、当時の名残をとどめています。

また、鎌倉時代の文献にも、「入浴料」の意味のする「ゆせに(湯銭)」という言葉が登場します。

「銭湯」という名称については、“一銭では入れるから”“洗い場という意味の洗湯から”などの説があるようです。

1614年に刊行された『慶弔見聞録』には、1591ねんに伊勢与市という者が湯屋風呂を建てたとあります。これが、江戸の銭湯についての最初の記録です。

江戸時代には、式亭三馬が『浮世風呂』を著しました。庶民の社交場である銭湯を舞台に、人々の動作や会話を克明に描写、当時の世相を浮き彫りにしています。一読あり!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水曜日)

麻疹(はしか)

来年13歳と18歳に麻疹の予防接種をすることになったらしい

今年流行りましたからね

では

今18歳の子どもたちは?

どうかなるのでしょうか

高校を卒業して接種しなくてもいいのですか

学校でも麻疹が流行しました

感染しなくても心配です

ワクチンが無いのでしょうか

出来れば接種をして欲しいものです

何年か前にも

一度かかっても

もう一度かかると以前聞いた事があります

なんでもそうですが

体力低下の時は注意が必要です

出来れば夏休みに感染して欲しいかな

お盆の時にお客さんがこないから・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火曜日)

麻疹発症か?

とうとう我が家にも麻疹に感染することになるかもしれません

今一人休んでいます

最近は予防接種をしているから安心と思っていられません

また発症

第2の麻疹が・・・・

免疫力が落ちていれば感染するからです

かかったはずなのにと

普段から体調管理は自分次第ですネ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火曜日)

顎関節症

顎が痛い、開かない、音がするなどの症状が出る顎関節症は、さまざまな原因が考えられる

こんな人は顎関節症に注意!

①歯ぎしりや歯を食いしばる癖がある

②頬杖をつく癖がある

③ストレスを感じている

④寝るときうつぶせ寝だ

⑤午後がはずれたり頬の骨を怪我したことがある

⑥片方だけ噛んでことが多い

| | コメント (0)

2007年5月12日 (土曜日)

あまり知られていない認知症「ピック病」

前頭葉や側頭葉が萎縮

ピック病は、1892年、チェコ・プラハ大学の精神医学教授アーノルド・ピックによって報告され、後にこう命名されました。

40~50台の中高年での発症が多く、日本でも1万人以上の患者がいると推測されてます。しかし、診断に関する専門家の意見もわかれており、目お書くな基準も確立されていないため、実態数は把握されていません。現在、厚生労働省の研究班が調査に乗り出したところです。

ピック病の患者数は、アルツハイマー病の3分の1程度とも言われています。また高齢者にはいない事も特徴の一つで、中高年に特有の病気です。

ピック病の症状とは

初期症状の特徴は性格が変わってしまうことです。それまでまじめだったひとが、急に無気力になってしまったり、場所や立場をわきまえないような脱線行動を起こしてしまったりといったことが起こります。

そのため、うつ病やそう病と診断される事も少なからずあるようです。

また、中高年のうつ病と発症年齢が似ていることも間違いられる一因となっています。

アルツハイマー病との違い

認知症の代表的な病気に、アルツハイマー病があります。ピック病もアルツハイマー病も、どちらも脳に萎縮が見られる病気です。

アルツハイマー病の場合、側頭葉の内部にある『海馬』という領域が、特に萎縮します。ここは短期記憶を支配する部分です。記憶障害があるのはこのためです。

一方、ピック病の場合も、同じ前頭葉と側頭葉に萎縮が見られますが、その場所は少し異なっています。

ピック病で萎縮するのは、前頭葉の下面(眼窩面)や凸面と呼ばれるところです。ここは欲望や情緒のコントロールを行なっています。そのためピック病の初期には、記憶障害はあまり見られないものの、情緒障害や自制心の低下、感情の鈍化、人格変化、不真面目、ひねくれといった性格へ変化が現れます。萎縮が進んでいけばアルツハイマー病と同じ記憶障害が出てきます。

| | コメント (0)

2007年5月 7日 (月曜日)

五月病なんか吹き飛ばせ!

連休も終わり

また新たなスタートが始まります

この頃からぞくに言う「五月病」が出始める頃

長期休暇の後

仕事に行きたくない

学校へ行きたくない

駄々をこねる時期

最近は夏休み明けにもみられるようです

くよくよせず張り切って新しい一歩を・・・・

それにしても今朝は寒いこと!

| | コメント (0)

2007年4月23日 (月曜日)

人は一心にやっていれば・・・・・

「人は一心にやっていれば、また恵まれる時も来るもので」。

箏曲「春の海」で有名な盲目の邦楽家・宮城道雄の言葉である。(『心の調べ』河出書房新社)

少年時代から芸一筋。苦労して貧乏を抜けたと思ったら関東大震災、そして戦災・・・・。

しかし、、命ある限り修行と決めた宮城は負けなかった。

「若い者に劣らないように、勉強したいと張り切っている」と。

自分の“眼”となってくれた妻に感謝しつつ、自らも努力し、耳などの他の感覚を磨いた。

それで時々、「ああ、そうそう、自分は眼が見えなかったんだな」と思うこともあったとか。

人間的な大きさは、苦闘の深さに比例するのだろう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧