音楽

2007年9月 6日 (木曜日)

再び登場 「オペラ座の怪人」実は「ファントム」だった

『オペラ座の怪人』に拘るのは何なんでしょう!

はるか昔テレビで放映された『オペラ座の怪人』

バート・ランカスター出演していたテレビドラマ

何と

宝塚歌劇団で上演された『ファントム』だったんです

検索をしていてオペラ座の支配人キャリエルという名前

これだと思い嬉しくなりました

どうやら俳優の大沢たかおさん主演での公演もされるようです

期待をしているのは劇場用のCDが発売されているのかと

帝劇などで上演されるミュージカルはライブのCDが発売されています

たぶんこの作品だと思います

この頃でしょうか?

ガストンルルーの続編として

『マンハッタンの怪人』が別の作者から出版されています

えっ!うそ!そうなの?

と思いながら呼んで見ました

映画版の『オペラ座の怪人』は(アンドリュー版)は怪人は生きていて

クリスティーヌの墓前に薔薇の花が添えられていますが

『マンハッタン・・・』の方はこういう解釈が出来るのか?

と感心します

マンハッタンはその後の話しです

一読するのもいいでしょう

今だのこだわり続けている私です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土曜日)

サラ・ブライマンがポケモンの主題歌を歌うの?

あのサラ・ブライマンがポケモンの主題歌を歌うそうです

信じられません・・・・・・

オペラ歌手のドミンゴとも共演したことのある

あのサラが

元々はポップスを歌ったいた

ミュージカル「オペラ座の怪人」のクリスティーヌ

発声法をオペラ風に変えて音域を広げた

どんな歌なのかとても気になります

ホントなの?

| | コメント (0)

2007年2月11日 (日曜日)

カッコいい!キャ~素敵!「時代の主役、輝く女性」

クラッシックの世界でカッコいいと思う人

それは西村智実さんで~す

2002年にロシア・ボリショイ交響楽団ミレニアムの主席指揮者に就任した際には、東洋人初、女性初といった話題を振りまいてくれた。

タキシードに身を包み、指揮を取るその姿はインパクトがある。

飛びぬけて大柄なわけではないがオーケストラピットでタクトを振り始めると、とたんに大きく見える。

そして、その姿は鮮やかで華麗な印象を残す。

デビューしたてのころ、杖を付いてピットに入った姿がとても格好良かった。事故にあわれたなんて信じられない。

西本さんの登場で、世界で女性の指揮者が増えたこともいい影響を与えたと思う。

活躍の舞台は、まさに世界。

「挑戦者」という言葉がよく似合う。

| | コメント (0)

2007年1月23日 (火曜日)

CD 届きました

たった今『パイレーツ・オブ・カリビアン・デットマンズ・チェスト』のCDが届きました。

DVDも購入しましたが

枕元で聞きながら寝るのが楽しみです。

うるさい音でも眠れる心地よさ

判らないでしょうね

CD1枚聞き終わらないうちに寝入るのですから

タイマーセット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火曜日)

CD 届きました 待ってました

am10:00ちょうどにCDが届きました。「BLOOD+COMPLETE BEST」CD(disc1)+DVD(disc2)+ストーリーブックレット付き。

パッケージは血を創造させる赤。子供たちにせがまれての購入。会員価格なので値段も¥4200円が¥3780円。

まだ、封を開けていません。コタツの上に置いて置きます。喜ぶ姿を見たいと想い。

おしゃれ工房年賀状ソフトも一緒だったので、こちらは中身を確認。早めに作業をしてノンビリと。待っている時間が!まだ10分も経っていないのに長く感じるのは私だけ。

夜中のアニメ「デス・ノート」の録画のため、本放送での趣味悠々録画が出来ず、再放送録画をしなければ、パソコン暦一年まだ、覚えることあり。(パソコンアート)

あぁ~CDの封開けちゃおうかな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火曜日)

CD 届きました

お昼にCDが到着

封を切り 中身の点検

ケルティック・ウーマンクリスマス・セレブレーション

今週はラジカセで聞きながら就寝予定

昨日はエヴァンゲリオンのCDを聞きながら就寝

来週はBLOOD+COMP/CD+DVDが来る予定なので

早く来週が来ないかな

町から遠い田舎

買い物も一苦労

野を越え山越えて 谷あり山あり まさか!

でも 携帯電話の電波が途切れるらしい

そんなところ

電信柱よりも辺りの木々の方が高い

家に中でも電波が届かないらしい

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月曜日)

アイーダー

一昨日子供の学校の授業参観日でした

3時間目まであり

音楽の授業の見学をしました

授業は

オペラ「アイーダー」 

驚いたのは昔ならレコードを聞きながらだったのに

今はDVDで「アイーダー」を観ながら

先生が歴史的な背景と舞台の説明を

作曲家 ベルディーのはなしなど

帰ってきてから 思わずネットで検索をしてました

かいつまんで

スエズ運河開通記念とカイロのオペラ座の杮落とし

考古学者のオギュースト・マリエットから

エジプトを舞台にした話しをと 依頼され

上演されたらしいのです

このときまで マリエットが男性だと思ってませんでした

実は作家の 瀬名秀明著「八月の博物館」に名前が出てくるので

ずっと女性だと

オペラの内容は知っている方が多いいと思うので

ここでは 遠慮します

ただ神殿発掘の中で男女の遺体が発見されたことについて

題材にされているみたいです

また

サッカーの応援歌にも「勝利の歌」が有名! かな

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日曜日)

椿姫 (映画・舞台・オペラ)

アレクサンドル・デュマ(小)作

『椿姫』

映画・舞台・オペラ・・・・など

あらゆるジャンルで人々に魅了されてきた

幼いころに

現 美輪明宏氏?(丸山明宏)の椿姫を見たことがある

この世の人とは思えぬ美しさ

科白が(せりふ)本人と女性の声で話していたような

歌舞伎役者なら 坂東玉三郎 こちらも素敵

女性の『椿姫』は記憶には

白黒映画 『椿姫』なら グレタ・ガルボ 声がハスキーで エッ!

オペラ映画なら 1982年 有楽町のスカラ座かみゆき座で

若かりしころの ドミンゴがアルマン役を(アルフレード)

忘れてはいけないのは 1800年代の女優

サラ・ベルナール

唯一原作者である デュマが彼女のみに

椿姫マルグリッドの役を 指定した逸話も

オペラの中で有名なのが

「乾杯の歌」この歌が歌えたら・・・・・・しあわせ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土曜日)

ミュージック・ステーション

普段音楽番組を見ない私が

チャンネルを廻したら

サラ・ブライマンが出ているではありませんか

キャー・ステキーと 一人で騒いでしまいました

大人げもなく

『オペラ座の怪人』のクリスティーヌ

『キャッツ』のグラザべり

もう!感激

以前MXテレビで三大テナーの二人と競演(ドミンゴとカレーラス)

そのときのことが脳裏に

カンツオーネの「カタリ・カタリ」がとても素敵で

今でも耳に残っています

他の出演者の影がなかったような

テレビに出ているだけでも 驚き

気持ちは ハッピー

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月26日 (木曜日)

♪音の世界に誘われてこころは雲の上♪

生協で購入した サラ・ブライマンのCDを聞いています

『オペラ座の怪人』が収録

映画の方と聞き比べ

サラのほうがオリジナルなのよね

また違った感じで♪

劇団四季のはレコードで とても古いかしら

アナログとデジタル

ステレオが良ければ アナログも オツナモノ

よく数寄屋橋シッピングセンターで

映画音楽 サントラ盤も含めて 輸入物も  

中古のレコードを買ったものです

LPが3~4千円のものが 5百円

   ♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪

アニメではなく 漫画のイメージ音楽(ミュージック)

そんなのものも

棚から引っ張り出して 今聞いています

| | コメント (0) | トラックバック (0)