豆知識

2007年7月 5日 (木曜日)

7月10日は「ウルトラマンの日」

元テレビ宣伝マンのS氏の記事を見つけた

10日は「ウルトラマンの日」だそうだ

41年前のこと

記念日のいきさつはこうだ。

「ウルトラマン」の放送が始まったのは、1966年7月17日。

ところが、初めてウルトラマンがテレビに登場し、その姿がお茶の間に流れたのはその一週間前の「7月10日」だった。

10日に予定していた「ウルトラQ」の最終回が突然取りやめになった。理由は「内容が難解」。そこで、急きょその穴埋めとして、前日にあったウルトラマンのイベントの様子を写した映像を「ウルトラマン(前夜祭)ウルトラマン誕生」として放送し、乗り切ったそうである。

記事のことを見つけて懐かしく思っている

確か漫画もその頃連載されていて

作者は確か「楳図かずお」だったような気がするのだけれど

リアルタイムを過ごしているのに記憶があいまいに・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金曜日)

今日から6月 水無月 衣替え そして梅雨の始まり!

久々に太陽が望めます!

夕べは色々な所で

大雨洪水警報が出されたみたいでした

一昨日とうって変わって雨はあまり降らず拍子抜け

そうかと思えばこちらが降っているのに

よそ様は雨が降っていなかったり

うらやんだりも

そうそう!

今日からは衣替え

六月は水無月と申しますが

暦の上では

そろそろ梅雨の季節到来

昨日までの五月は皐月

五月晴れという言葉があるように

何かと雨が降る季節だったようです

水無月とは言葉のとおりに雨があまり降らないということでしょう

それは旧暦での事

約一ヶ月鬱陶しい季節の始まり始まり!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木曜日)

食べ方で変わる栄養の働き

同じ食品でも食べ合わせや、調理方法次第で栄養が倍増したり、減少したりします。どうせだったらかしこい食べ方を知って、効率よく栄養を摂取しましょう。

     バランスの良い食生活

①主食・主菜・副菜を各一品ずつ組み合わせえて献立することを意識する

②主食はエネルギー源、主菜はたんぱく質や脂質、副菜はビタミン、ミネラルを供給する。

③同じ調理法を一食、一日の中で重ねないようにする(資質や塩分の取りすぎにつながる)

④主食・主菜・副菜はなるべく材料がダブらないようなメニューにする

⑤同じ食品ばかり毎日続けてとらないようにする

| | コメント (0)

2007年5月16日 (水曜日)

ピリッと辛い!唐辛子

        中南米が原産の唐辛子。

ナス科トウガラシ属の一年草で、ピーマンやシシトウの仲間です。

どんな土壌にも適応するので、世界中で栽培されています。

自然交雑も多いので、現在では数百から数千種類もあると考えられています。

日本では江戸時代に栽培されていました。

鷹の爪など辛味の強いものだけでなく、パプリカやピーマンなど

甘味のあるものも唐辛子の中です。

☆唐辛子の健康Point

①体温を上げて発刊を促し脂肪を燃焼

②胃を刺激して食欲増進

③冷え性改善

④肩こりの解消

⑤薄味料理も美味しく

| | コメント (0)

2007年5月15日 (火曜日)

グリンピース

グリンピースはえんどう豆を未熟なままサヤから出したもの。

エンドウは収穫の時期によって名前が変わります。

まず、発芽したばかりの茎と葉を食べるものが豆苗

若くサヤつきまま食べるものがサヤエンドウ、未熟な豆だけを食べるのがグリーンピース、そして熟した豆を乾燥させてから食べる青エンドウ、赤エンドウがあります。

最近見かけるスナップエンドウはアメリカで開発されたエンドウで、豆が熟してもサヤが柔らかく、丸ごと食べれます。

エンドウは人類と付き合いの古い豆の一つで、メソポタミア生まれ

紀元前7000年から6000年には栽培されていたことが明らかになっています。

日本へは9~10世紀に遣唐使が持ち帰ったといわれ、平安時代には日本に定着していたようです。

しかし、食用にしたのは江戸時代から。

本格的に栽培を始めたのは明治以降です。

グリーンピースは料理の添え物として使われることの多い食品ですが、実は栄養豊富。

たんぱく質、脂質、糖質が含まれ、それらの代謝を促しビタミンB1、B2、B6が含まれています。

たんぱく質とびたむんB群の効果と合わせて、美肌作りにも役立ちます

| | コメント (0)

2007年5月12日 (土曜日)

あまり知られていない認知症「ピック病」

前頭葉や側頭葉が萎縮

ピック病は、1892年、チェコ・プラハ大学の精神医学教授アーノルド・ピックによって報告され、後にこう命名されました。

40~50台の中高年での発症が多く、日本でも1万人以上の患者がいると推測されてます。しかし、診断に関する専門家の意見もわかれており、目お書くな基準も確立されていないため、実態数は把握されていません。現在、厚生労働省の研究班が調査に乗り出したところです。

ピック病の患者数は、アルツハイマー病の3分の1程度とも言われています。また高齢者にはいない事も特徴の一つで、中高年に特有の病気です。

ピック病の症状とは

初期症状の特徴は性格が変わってしまうことです。それまでまじめだったひとが、急に無気力になってしまったり、場所や立場をわきまえないような脱線行動を起こしてしまったりといったことが起こります。

そのため、うつ病やそう病と診断される事も少なからずあるようです。

また、中高年のうつ病と発症年齢が似ていることも間違いられる一因となっています。

アルツハイマー病との違い

認知症の代表的な病気に、アルツハイマー病があります。ピック病もアルツハイマー病も、どちらも脳に萎縮が見られる病気です。

アルツハイマー病の場合、側頭葉の内部にある『海馬』という領域が、特に萎縮します。ここは短期記憶を支配する部分です。記憶障害があるのはこのためです。

一方、ピック病の場合も、同じ前頭葉と側頭葉に萎縮が見られますが、その場所は少し異なっています。

ピック病で萎縮するのは、前頭葉の下面(眼窩面)や凸面と呼ばれるところです。ここは欲望や情緒のコントロールを行なっています。そのためピック病の初期には、記憶障害はあまり見られないものの、情緒障害や自制心の低下、感情の鈍化、人格変化、不真面目、ひねくれといった性格へ変化が現れます。萎縮が進んでいけばアルツハイマー病と同じ記憶障害が出てきます。

| | コメント (0)

2007年5月11日 (金曜日)

もう直ぐ母の日 「カーネーション事件」

ある年の母の日、長野県で栽培されたカーネーションが東京や大阪に出荷されてきた。しかし、これらのつぼみは開かずに萎れてしまった。不思議に思って調べたところ、これらのカーネーションは成熟したリンゴを詰めた箱と一緒に長野県から搬送されたことが原因であった。

なぜ、リンゴ箱と一緒に運ばれたカーネーションのつぼみは開かなかったのだろうか。この謎を解くためには、20世紀の初めにアメリカで起きた類似の事件にさかのぼらなければならない。

この事件のきっかけも、温室で育ったカーネーションのつぼみが開かない現象であった。栽培者は「温室近くのガス管から漏れたガスが原因だろう」と考えた。相談を受けたシカゴ大学のクロッカー博士は、ガスの成分の作用を調べた。その結果、ガスに含まれるエチレンという気体がカーネーションのつぼみを開かせないことがわかった。

蘭や朝顔、紫カタバミなど、多くの植物の花がエチレンに反応して萎れてしまうが、カーネーションのつぼみや花は特に敏感に反応するのだ。

では、このエチレンと日本の「カーネーション事件」のリンゴ箱とは、どのように結びつくのだろうか。実はエチレンというのは「果物の成熟ホルモン」とも言われ、果物の成熟を促す気体である。当然、成熟したリンゴに多く含まれている。だから、成熟したリンゴから、エチレンが放出されたのだ。

花が萎れるには、外部から吸い込まれるエチレンだけでなく、花の内部から発生するエチレンの働きであることも知られている。しかし、面白いことに、エチレンの発生する量は切り花の置き方、持ち方で変わってくる。

カーネーションの切花持ち歩くとき、花を聖火のように上に掲げて歩く人はまれである。穂と喉の人が下向きにぶら下げる。これが正しい持ち方である。

花を下向きにぶら下げると切花の中の水分が重力によって最下方花の部分に集まりためである。このことがエチレンの発生量を少なくするようである。

| | コメント (0)

2007年5月 6日 (日曜日)

詩人 中原中也生誕百年

今年4月29日は中原中也の生誕100年迎えました

亡くなってから約70年も経つのですね

山口県の湯田温泉に中原中也記念館が在ります

http://www.chuyakan.jp/00top/01main.html

「山羊の歌」や「在りし日の歌」などがあります

もう一度彼の詩を読み返してみようと思います

それにしても30代の若さは早いかな

| | コメント (0)

2007年4月14日 (土曜日)

歴史家と喜劇王と独裁者

発見したこと!

1889年4月14日、歴史家のトインビー博士が誕生。

2日後の16日、喜劇王チャップリンが生まれました。

奇しくも独裁者ヒトラーも同年同月生まれ。

20世紀を代表する歴史家と喜劇王、そして独裁者。

ナチスによるユダヤ人虐殺について、英国立国際問題研究所はトインビー博士に“感情を交えず科学的に公平無私の分析を依頼。

が、博士はそうした研究態度では、ヒトラーに加担してしまう、と怒りの言論で糾弾。

一方、チャップリンは映画「独裁者」でヒトラーを痛烈に風刺し徹底して笑いのめした。

いまでも国際紛争が続いている。

悲しい限りである。

| | コメント (0)

2007年4月11日 (水曜日)

清明節

「清明の時節 雨粉粉、路上の行人 魂をたたんと欲す」

せいめいのじせつ あめふんふん ろじょうのこうじん こんをたたんとほっす

晩唐を代表する詩人・杜牧(とぼく)が清明節の独特な雰囲気を詠った作品ひとつです。

「清明節」とは二十四節気の一つで、春分の日から数えて15日目にあたり、太陽暦では4月5日前後になります。

中国では、お天気の良い日、皆そろって郊外に赴き、墓参りや野遊びに春のひと時を過ごす風習があり、酒肴をたずさえての、賑やかな宴になるのも珍しくありません。すでに唐の時代から広く一般的に行なわれていたようで、凧揚げやブランコなど様々な娯楽に興じる団欒の一日です。

残念ながら、「清明節」前後には雨天が多く、杜牧の詩が描く情景は典型的で、まるでお墓参りの哀しさを演出するかのようです。日本では故人の命日やお盆、また春や秋のお彼岸にい墓参りをしますが、中国では「清明節」とその前後の数日間になります。

「白蛇伝」の物語で許仙白娘子が出会ったのがこの時期です

| | コメント (0)

より以前の記事一覧